Y&Yコンサルティングの情報提供ブログ

”Buy the Dip”(下げを拾う)投資家 2021117日 

2021第2週のマーケットは、米国の長期金利の上昇(期待インフレ率が2%超えてきた)を気にして、先進国の株式は

総じて利食い売りに押された。一方、新興国は着実に上昇を続けている。

短期的には株式は、上図のように2000年のネットバブル崩壊時のように、絶頂感を感じているので、投資家は警戒している。

しかし、先を見れば、株式資産はウルトラ金融緩和、財政支援が続くこと、そして何よりも、債券資産に比べると、リスク/リターン比較で圧倒的に有利な状況にあることで、戦略的に強気になれる状況である

これがこのところ、米国株式で頻繁に起きている”Buy the Dip”(一時的な下げを拾う)現象の背景であろう。

S&P500種株価指数は昨年10月以降に認識できる下落局面が6回あったが、それぞれの下げ幅が4%を超えることはなく、その後に大きな上昇局面が訪れた。この間に指数は16%上昇した。

このように、相場のモメンタムを追いかける投資家が増えている。

コロナ感染拡大、雇用情勢の悪化、上昇気味の金利の中で

より上下変動が激しいながらもリスクオンの市場が続く見ており、心配していない。

2021年の有望ETF

(4)バイオテック関連

     (XBI) SPDR S&P Biotech ETF

   (IBB) iShares NASDAQ Biotechnology ETF

“Buy the Dip” Investors

In 2021 Week 2 market most of the developed stock markets was pushed by profit-taking, worrying about rising US long-term interest rates (expected inflation rate has exceeded 2%)

Meanwhile, emerging markets are steadily rising. 

Investors are wary of stocks in the short term, as they feel climax, as in the 2000 net bubble burst, as shown above.

But looking ahead, equity assets are strategically bullish due to continued ultra monetary easing, continued financial support, and above all, an overwhelming advantage in risk / return comparisons compared to fixed income assets is a situation that get used

I guess this is the reason why the United States stock market have had frequently “Buy the Dip” happening in the phenomenon background.

The S & P500 Index has had six recognizable downturns since last year October, but each decline did not exceed 4%, followed by a major uptrend. During the time the index rose by 16%.

In this way, an increasing number of investors are chasing market momentum.

Amid the spread of corona virus infection, worsening employment situation, and rising interest rates, the risk-on market is expected to continue even though fluctuating more rapidly.

I do not worry about the market as a whole.

2021 Promising ETFs

(4)Biotech Related

     (XBI) SPDR S & P Biotech ETFs

   (IBB) iShares NASDAQ Biotechnology ETF

今後の株価調整を念頭に 2021110

2021年初めの世界株式は週初こそ、利食いに押されていたが、週末にかけ一気に軒並み史上最高値を更新した。

COVID-19パンデミックが収まるどころか、ますます猛威を奮っているが、その一方、各国政府の経済支援にさらに拍車がかかる。

特に、米国は、バイデン次期政権が議会上下院とも民主党が多数となって、大規模な財政支出が実現しやすくなったとの観測で、株価が騰勢を強めている。

マーケットはこの好循環(?)か、テスラの連騰、ビットコインの暴騰などを見るとバブルの絶頂の様相すらある。

このまま株価の上昇がいつまでも続くわけはなく、大きな調整が来るのは必至だ。

最近は、マーケット専門家、投資家が集まると、いつ暴落が起こるかという話題になる。

今や、政府や中央銀行の政策運営は株価を気にしながらやっているのではないかという見方が多く見られる。

確かに、うなづけるところがある。

従って、株価が大きく下がり出すと、いち早く資金供給を増やすということが考えられる。

そう考えると、株価下落の期間が以前よりも短くなると想定できる。

このような過去のクラッシュとの違いを念頭に、対応策を考えておくことも投資家にとって重要ではないか。

先週の続き

(3)クラウド コンピューティング関連

  (CLOU) Global X Cloud Computing ETF

  (SKYY)First Trust Cloud Computing ETF

With future stock price correction in mind

World stocks in early 2021 declined by profit taking at the beginning of the week, but all at once over the weekend they hit record highs.

Far from being able to settle the COVID-19 pandemic, it is becoming more and more violent, but on the other hand, the financial support of governments is further spurred.

In particular, in the United States, stock prices rise are intensifying on the observation that the next administration of Biden will have a large number of Democrats in both the House of Representatives and the House of Representatives, making it easier to realize large-scale fiscal spending.

The market seems to be at the height of the bubble when we see Tesla’s and Bitcoin’s surge by this virtuous cycle (?).

Stock prices will not continue to rise as they are, and it is inevitable that major corrections will come.

Recently, when market experts and investors gather, it becomes a topic of when a crash will occur.

Nowadays, there are many views that the policy management of the government and central banks may be carried out while paying attention to stock prices.

Certainly, there is a nod.

Therefore, when the stock price starts to fall sharply, it is conceivable to increase the supply of funds as soon as possible.

With that in mind, it can be assumed that the period of stock price decline will be shorter than before.

Isn’t it important for investors to think about investment actions while keeping in mind the differences from such past crashes?

For portfolio adjustments 

(3) Cloud computing related

  (CLOU) Global X Cloud Computing ETF

     (SKYY) First Trust Cloud Computing ETF

 

ポートフォリオのより広い分散化を 202113

2020年最後の週の世界株式は、薄商いの中極めて平穏、特に米国は、節税の損だし売りもあり、ほぼ横ばいであった。とはいえ、財政支援が決まったこともあり、週初に米S&P、ナスダックは史上高値を更新した。欧州はドイツが史上高値更新、新興国株価指数も史上高値にあと一歩、日本は30年以上ぶりの高値で年を超えた。

例年、新年早々は、利食いが入りやすく売られることが多いが、短期的な動きに惑わされず、長期的視点でポートフォリオを見直す時期である。

2020年は、米国株、テクノロジー関連セクター、米ドルへの一極集中のマーケットであったといえよう。

2021年に向けてはリスク管理の観点から、より広くポートフォリオの分散化を図るベきだと考えている。

米国株以外のウェイトの引き上げ

・テクノロジーセクター以外のセクターへの分散

・米ドルのウェイトの引き下げ

などを考えている。

その意味で、

先週は、ポートフォリオ分散の投資対象として、インフラ整備関連のETFを取り上げた。

今週は(2)クリーンエネルギー、地球温暖化関連のETFに注目したい。

世界的に地球温暖化対策への関心が高まる中で、米国の新政権も政策運営の重点の一つに加える方向である。

DRIVGlobal X Autonomous & Electric ETF

ICLN)  iShares Global Clean Energy ETF

   (TAN) Invesco Solar ETF

Broader portfolio diversification

Global equities in the last week of 2020 were extremely calm in the midst of thin trading, especially in the United States, which was almost flat, partly due to tax savings. 

However, the US S & P and Nasdaq indexes hit record highs earlier this week, partly due to the decision on financial aids.

Also Germany hit a record high, emerging market stock indexes were one step closer to a record high, and Japan finished the year with the highest level in more than 30 years.

Every year, early in the new year, investors tend to take profits and sell, but I believe it should be time to review the portfolio from a long-term perspective without being confused by short-term movements.

It can be said that 2020 was a concentrated market for US stocks, technology-related sectors, and the US dollar.

From the perspective of risk management, we believe that we should more broadly diversify our portfolio toward 2021.

We are considering.

Raising allocations other than US stocks

Diversifying into sectors other than the technology sector

and Lowering the weight of the US dollar

Last week we picked up infrastructure-related ETFs as an investment target for portfolio diversification.

This week, I would like to focus on 

(2) clean energy and global warming-related ETFs.

As interest in global warming countermeasures grows worldwide, the new government of the United States will add it as one of the focus of policy management.

 (DRIV) Global X Autonomous & Electric ETF

 (ICLN) iShares Global Clean Energy ETF  

 (TAN) Invesco Solar ETF

コンセンサス(大多数の予測)と違う異論に注目 20201227

クリスマス休暇週間で世界のマーケットは、英国での新種コロナ騒動にも関わらず、小動きだった。

投資家は、はや来年のマーケットへ想いを馳せている。

例年、年初はマーケットが少し荒れるが、そんな予想が多い。長期投資家の個人はあまり気にする必要はない。

先週のブログで、専門家の予測はあまり当てにするなと書いたが、大多数の予想と異なる予想をしている専門家の予想は注目する必要がある。

(1)インフレ

  大多数の専門家は、インフレは来年も低く抑えられるとしているが、有力な専門家の中には、来年から、数年3-5%のインフレがありうると警鐘を鳴らしている。

(2)景気後退

  景気後退は短く終わり、来年は世界的にすばやく景気回復するという見方が多いが、一部の専門家はズルズルと景気後退が続き、株式市場に少なからず影響すると している。

(3)バリュー株(景気循環株)VS成長株

  今後、出遅れていたバリュー株が主導権を取り戻し、かなり上昇したテクノロジーなどの成長株をアウトパフォームすると予想するマーケットアナリストが多いが、ニューエコノミーの中で、成長株の主導権は変わらないとする見方も少なくない。

これら3つの点は注意深く、見守って行く必要がある。

さて、先週お約束したように、来年はどの分野に資金が流れるかを考え、ポートフォリオを組んでおいたらいいのか具体的投資対象としてETF 検討していきたい。

(1)インフラ関連ETF

     2021年からは世界的に財政支出を拡大せざるをえ 

    ず、政策投資がインフラの改善へ向かう可能性が高い

IFRA)iShares U.S. Infrastructure ETF

   (XLU)  Utilities Select Sector SPDR ETF 

  (PAVE)Global X US Infrastructure D

  (VPN) Global X Data Center REITs & Digital Infrastructure  

              ETF  

IGF)iShares Global Infrastructure ETF

  (EMIF)iShares Emerging Markets Infrastructure ETF

 

Pay attention to dissents that disagree with consensus (Most forecasts) forcasts

During Christmas holiday week, the global market was quiet despite the newer corona turmoil in UK.

Investors are now pondering about the next year’s market.

The market is usually a little rough at the beginning of the year, but long-term investors like us individual  don’t have to worry too much.

I wrote in my blog last week that we should not count on experts’ forecasts too much, but we need to pay attention to expert’s forecasts  that are different from the majority as follows.

(1)Inflation

Most experts say inflation will remain low next year,

but some leading experts warns that inflation could be rise to 3-5% in the next few years.

(2)Recession

Many analysts forsee that the current recession will end shortly and world economy will recover quickly

next year, 

However, some experts predict economic recession, will continue longer to affect the stock market adversely.

(3)Value stocks ( Cyclical stocks) VS growth stocks

It is expected by major analysts that value stocks, which have been lagged for long time, will regain their initiative and outperform growth stocks such as technology that has risen considerably.

But not a few analysts view this would be not the case under the coming New Economy.  

These three points need to be watched carefully.

By the way, as promised last week, I would like to consider which fields the funds will flow to next year and present ETFs as the specific investment targets to build a portfolio.

First of all

(1)Infrastructure-related ETFs

     From 2021 I think the global governments are forced to expand fiscal expenditure to support their economies, so policy investment is likely towards the improvement of the infrastructures.

  Possible investment candidates

  (IFRA)iShares US Infrastructure ETF

   (XLU)  Utilities Select Sector SPDR ETF 

  (PAVE)Global X US Infrastructure D

  (VPN) Global X Data Center REITs &  

   Digital Infrastructure ETF  

  (IGF)iShares Global Infrastructure ETF

  (EMIF)iShares Emerging Markets  

   Infrastructure ETF

来年はリスクオン、リスクオフ両方に対応できるように 20201220

今年も、年末に近づき、恒例のマーケット専門家の来年の見通しが目立ちはじめている。

皆、正直分からないながらも、一様に明るい、株式中心のリスクオンが続くとしている。ただ、言い訳に困らないように、ボラティリティーはさらに高まるだろうという。

しかし、専門家の見通しは当てにしない方がいい、

その典型が今年だ。誰も、3月からの大暴落、そしてその後の急回復を予想できなかった。

無理もない。

ここから得られる教訓は、昨今のようなボラティリティーの激しいマーケットではリスクオン、リスクオフのどちらにも対応できるようにしておくことではないだろうか。

まずはリスクオンの継続を前提に、来年はどの分野に資金が流れるかを考え、ポートフォリオを組んでおくことが最も意味があり、参考になるだろうと思う。

今週は列挙しておくにとどめ、来週から、具体的商品を検討したい。

まずは、

1)第4次産業革命のデジタルトランスフォーメーション    

   関連は引き続き多くの関心を集めよう

  ・クラウド

  ・5G

  ・Eコマース

  ・サイバーセキュリティー

  ・自動運転車、電気自動車

  ・バイオテック

  ・データセンターなど

2)インフラ整備関連

3)地球温暖化対策関連(クリーンテック)

4IPO(新規上場)関連

5)新興国市場

6)インフレ関連

具体的商品は来週から、検討し、列挙したい。

To be able to handle both risk-on and risk-off next year

The end of the year is approaching, and the outlook for next year by market Analysts is beginning to stand out.

Everyone, although I guess almost not sure,

says uniformly that the risk-on will continue to be bright and stock-centric.But also says

 volatility will increase further, for later excuse.

But don’t count on the expert’s outlook, a

typical example is this year’s stock market. No one could have predicted the crash from March and the subsequent sharp recovery.

No wonder.

The lesson learned from this is to be able to handle both risk-on and risk-off in a highly volatile market like these days.

First of all, on the premise of continuing risk-on, it is most meaningful and helpful to think about which field the funds will flow to next year and build a portfolio.

I’ll just list up this week, and specific products will be examined and listed from next week.

First of all,

(1)Digital transformation of the Fourth Industrial Revolution will continue to attract a lot of attention 

Cloud

5G

E-commerce

Cybersecurity

Self driving cars, Electric vehicles

Biotech

Data centers, etc.

(2) Infrastructure development-related

(3) Global warming -related (Clean Tech)

(4) IPO (new listing) -related

(5) Bitcoin

(6) Emerging markets

(7) Inflation-related

今は、マーケットから逃げず、投資を続けるしかない 20201213

世界の株式は、最高値近辺で頭打ちの状態だが、投資家はあまり心配していないようだ。

コロナ感染が世界中で猛威を振るっており、実体経済は

ボロボロだが、株高と政府の金融支援で、一部を除いて不景気の印象をあまり感じていない。

また、ワクチン投与が現実味を帯びてきたので、先行きに対して明るい希望を持っているからであろう。

経済の立ち直りも早いという評論家の見通しも多い。

専門家のように過去の物差しでみれば、今の株価水準は

異常に高いのだろうが、「ゼロ金利、無制限の量的緩和の時代には、株価収益率などのバリュエーション目標は役に立たない」という一部の考え方に同調できる気もする。

最近話題となっている米の電動自動車メーカー、テスラの

株価暴騰を見ていると、認めたくもなる。

株価と経済実態は完全に切り離されたではないかという議論があるが、決してそうではないだろう。

このまま、続くはずがないとも思える。ツケは必ず、誰かが払わされる。ニューノーマルはまだ定かになっていない

インフレ、金利上昇、増税がいつかは必ずやってくる。

そうなれば、根底からひっくり返る。

だが、この10年の異常ななりふり構わない政府の量的金融緩和を考えるとなんでも起こりうると思っていた方がいいだろう。

柔軟な対応が必要だが、今、言えることはマーケットから離れることなく、投資を続けることだと思う。

 

<Weekly Market Watch>

Now, have no choice but to keep investing and staying in the market December 13, 2020

Global equities, which, have peaked near their highs, but investors don’t seem to worry too much. Corona infections are rampant all over the world, and the real economy is tattered, but with high stock prices and government financial support, we don’t feel much of a recession except for some. 

Also, since vaccination has become a reality, there is a bright hope for the future. Many critics say that the economy will recover quickly.

If you look at past stock prices like experts, the current stock price level may be unusually high, but “in the era of zero interest rates and unlimited quantitative easing, price-earnings ratios and other valuation targets were useless. 

I feel that I can agree with some of the ideas. It’s tempting to admit that Tesla, a US electric car maker that has been a hot topic recently, is seeing a surge in stock prices.

There is some debate that stock prices and economic reality may be completely disconnected, but I think that is not the case.

It seems that it cannot continue as it is. Someone will always pay for it

Inflation, rising interest rates, and tax increases, will surely come to.

If that happens, it will turn over from the ground up. But given the unusually pretending government’s quantitative easing over the last decade, it’s better to assume that anything can happen.

We need to be flexible, but I think what we can say now is to keep investing without leaving the market.

市場重視の経済運営へ 2020年12月6日

残り1ヵ月足らずで、混乱の2020年が終わる。

しかし、株式投資をはじめとしたリスク資産の投資家にとっては予想外のいい成果だった。

考えてみれば、リーマンショック後の世界経済を支えてきたのは株式市場による富の蓄積だったような気がする。

特に米国では、政府が株式市場によって経済成長を図るようになってきたと言える

トランプ政権はその典型、それによって格差拡大という別の政治問題が深刻にはなってはいるが、優先順位の問題なのだろう。

評論家は今のリスク資産市場(株式、債券、REITなど全て)は悪い実体経済から見てバブルだとか、株式市場のバリュエーションは行き過ぎだとか言って、警戒心を隠さないが、あくまでも過去の物差しで見ているような気がする。

来年は、米国株の一極集中から、欧州、日本、そして新興国の株式の上昇が期待できそうだとは思っているが、あまり楽観的な予測も禁物かもしれない。

いつ急落があってもおかしくはないというのが今のマーケットである。

しかし、そこが資産形成のチャンスと見ている投資家が多いというのもまた事実である。

ニューマネー流入に押し上げられる株価 20201129

今週は、世界的に株式をはじめリスク資産は極めて堅調だった。

感謝祭週間の米国は、史上最高値をまたもや更新、ダウ平均が初めて30000ドルを超えた。日経ダウも29年ぶり高値を連日更新した。

足元はコロナ感染第3波、景気悪化など悪いニュースばかりだが、株価は先を見ていると評する専門家が多い。

しかし、主因はニューマネーの流入につきるのではないかと思っている。

企業(格付けの低い企業も)の社債借入の急増、自社株買いの連鎖も追い風になっている

当面はこれについて行くしかないのではないか。

逆にワクチン開発、コロナの終息、インフレ再燃ともなれば、金融・財政政策が正常化され、このコロナバブルもいずれ終焉しよう。

いつ来るかは誰も予想できないが、ただ、賢く備えることはできる。

どう備えるかは、当ブログで何回も書いているので、参照していただきたい。

現実にバブル崩壊が起きた時に、アクションする最も重要なことはバーゲンハンティングであると思っている。

そのために事前にリストを準備して備えておくことが欠かせない。

 

先行き楽観でいいが、インフレには注意 20201122

今週のグローバル株式は、さすがに先週の急上昇の後なので、利食い気味に推移した。

しかし、先行き懸念している様相ではない。

投資家心理は、コロナ感染の急拡大で、地域的に活動規制が広がるのを懸念しているが、ワクチン開発が近いことと綱引き状態と言える。

恒例の専門家の来年の米S&Pの予想が出始めている。

どれも当面は乱高下するが、2021年末までに15%くらい上昇し、4000ポイントを超えるというもが多い。

先行き楽観しているのだろうということを参考にする程度で、あまり信用しない方がいい、当たった試しは少ないからである。

今の投資環境では、株式以外にリターンはあげられないと分かっているのだから、投資家の株式選好は変わらないであろうということは忘れてはならない。

投資家が当面注意しなければいけないのは、突然の金利上昇である。

特に、しばらく沈静化しているインフレが高まり出すことである。投資環境が一変することになる。

まだ先の話であると思うが、注視する必要がある。

経済はダメでも、人々はより裕福に 20201115

欧米ではコロナ感染が制御不可能になっており、今やマーケットの最大のリスク要因になってはいるが、片方ではコロナのおかげで、多くが人が裕福になっているという

お金を使うことがなくなり、資産運用に時間を充てられるようになり、資産が増えているというアンケート調査結果が出ている。実に皮肉な話だ。

経済の実態は確かに良くないが、悪い影響が一部の人に

偏っているのだろう。

なぜマーケットがリスクオフにならないのだろう?

上記の状況が背景にあるのではないかと思い出してきた。

パンデミックが収まらない限り、各国政府は金融支援をやめないだろうし、景気は悪化するよりもさらに改善するだろう。また、人々が資産運用に夢中になるとしても、運用対象は、TINA(There Is No Alternative),すなわち株式以外に魅力を感じないので、株式市場へ次々、資金流入する状況、FOMO(Fear Of Missing Out)はそう簡単には止まらないのではないか。

逆に、ワクチンが行き渡りパンデミックが完全に収束した後、経済活動が回復した時の方が注意が必要だろう。

まだまだ先の話だろう。