Y&Yコンサルティングの情報提供ブログ

FOMO(取り残されることへの恐れ)を捨てよう 2021411

今週も、米S&P500、NYダウ、ドイツダックス指数が史上最高値を更新し続けた。

米の主要なテクノロジー株も勢いを取り戻し、ナスダック指数もあと少しで、史上最高値を更新するところまでにきている。

しかし、先週も取り上げたが、一部の資産(SPAC, ビットコイン、テスラなど)で著しいバブルの様相を見せていることは注意が必要だ。

政策当局も関心を見せており、規制の懸念も出てきた。

マーケット評論家が、潤沢な資金余剰、好調な景気指標、ワクチン接種の進展を理由に最近になって急に、マーケットへ超強気になってきたのを感じる。

何か陶酔状態なってきたのではないかと不穏な予感も感じる。何かのきっかけで、マーケットが大きく崩れるのもそう遠くない気がしてきた。

一方で、膨大な待機資金、500兆円(米国の個人、機関投資家だけで)がそのタイミングを待っているとも言われている。

個人的には、次の3つの理由でマーケットクラッシュを気にしていない。

  1. マーケットクラッシュが起きても、十分な収入と現金があり、何も困らない。.
  2.  インデックスファンドを中心とした十分に分散されたポートフォリオを持っているので、いつものように

 資産価値は元に戻ると確信している。

 (クラッシュ後に戻るときは、いつもテンポが早く、乗り遅れるのが常である。)

  1.  従って、マーケットクラッシュが起きても全く動揺することはなく、じっとしていられる。

皆さんにも、十分な収入源とインデックスファンド中心の

分散ポートフォリオを持つことをお勧めします。

Away from FOMO(fear of missing out) mind April 11, 2021

This week, the US S & P500, NY Dow and German index continued to hit record highs.

Major US tech stocks have regained momentum, and the Nasdaq Index is just around the corner, reaching a record high.

However, as we covered last week, it should be noted that some assets (SPAC, Bitcoin, Tesla, etc.) are showing a significant bubble.

Policymakers are also showing interest, raising regulatory concerns.

I feel that market critics have suddenly become super bullish on the market recently due to abundant surplus funds, strong economic indicators and progress in vaccination.

I also feel a disturbing feeling that something may have become euphoric. I feel that it will not be long before the market collapses due to some reason.

On the other hand, it is said that a huge amount of standby funds of 500 trillion yen (only for US individuals and institutional investors) are waiting for that timing.

Personally, I don’t care about market crashes for the following three reasons:

  1. Even if a market crash occurs, I have enough income and cash, and don’t have to worry about anything.
  2. Having a well-diversified portfolio cored by index funds, I am confident that the asset value will return to normal as usual.

     (Market recover after the crash is always  too quick to catch up)

  1. Therefore, I am totally not upset even in market crash, and can stay calm.

I encourage you to have a secure source of income and a well-diversified portfolio based on index funds.

世界の金持ちから学ぼう 202144

米S&P500が4000ポイント、ドイツダックスが15000ポイント超え 米テクノロジー株の反騰、再び3万円へ近づく日経ダウなど世界的に「やはり株式しかない」がより明白になった。

アルケゴス問題、米10年もの国債利回りの再上昇、インフレ懸念、増税懸念などのリスク要因は棚上げされた格好だ。

しかし、上表のように、米国株のあらゆる指標を見ても、過去のベアマーケット直前と比較してもほぼギリギリの状態に来ている。

明らかにオーバーバリュエーションの状態にあると言えなくもない。

投資家の多くが、近い将来のバブル崩壊、或いは大きな株価調整を心配している。

しかし、バブルは弾けてみないとわからないので、今ある儲けのチャンスを逃さないように、マーケットについていってるというのが実情であろう。

過去と違う点を挙げれば

(1)超低金利状態で、株式以外にリスクに見合うリターンを上げられない

(2)現在、技術革新による第4次産業革命が進行中で今後のテクノロジー企業の飛躍的利益成長を織り込んでいるので、過大評価ではない。

(3)現在の企業資産は無形資産が増えてきており、株価評価指標に反映されにくい。

(4)最近は、企業の株式買い入れ償却がものすごく増えている。

(5)グローバリゼーション進展の結果が過去の指標には反映されていない。

 などが指摘されていることも考慮しなければならない。

一部の資産(ビットコイン、SPAC, TESLAなど)にバブルの兆候があるのは確かだが、全体がオーバーバリュエーションとは言い切れないとも言える。

多くの投資家は、ここ数年でかなり裕福になった。リスク抵抗力は高まっているはずである。

大きな株価調整が迫っているからといって、手持ち株を大量に売却して、高いキャピタルゲイン税を払い、現金化するのは賢い選択とは言えない。

世界の多くの金持ちが、今後のインフレ、大型増税、更なる投機的動きの崩壊を予想しつつも、当面の儲けの機会を逃さないようにしていることから何かを学ぶべきではないか。

Learn from the richest investors in the world April 4, 2021

The US S & P 500 scored 4,000 points, the German Dax exceeded 15,000 points, the US technology stocks rebounded, and the Nikkei Dow, which is approaching 30,000 yen again, “Nothing other than Stocks” has become more apparent worldwide.

Risk factors such as the Arquegos problem, a 10-year US government bond yield rise again, inflation concerns, and tax hike concerns have been shelved.

However, as shown in the table above, all indicators of US stocks are almost at the limit compared to just before the Bear Market in the past.

It can be said that it is clearly in a state of overvaluation.

Many investors are worried about the bursting of the bubble  or major stock price adjustments in the near future

However, since the bubble cannot be understood until it bursts, the reality is that most of investors are keeping up with the market so as not to miss the existing profitable opportunities.

Differences from the past are 

(1) In the state of ultra-low interest rates, it is not possible to raise returns commensurate with risks other than stocks

(2) Currently, the Fourth Industrial Revolution due to technological innovation is underway and so the valuation of major technology companies is not an overestimate because it incorporates future dramatic profit growth.

(3) The current corporate assets has been increasing intangible assets, it is difficult to be reflected in the stock price evaluation.

 (4) Recently, the stock repurchases by companies has increased dramatically.

(5) The results of the progress of globalization are not reflected in the past indicators.

 It must also be taken into consideration that such things have been pointed out.

Certainly, some assets (Bitcoin, SPAC, TESLA, etc.) have signs of a 

bubble, but the market as a whole can not be said overvalue.

Many investors have become quite wealthy in the last few years. Risk tolerance should be increasing.

Just because a big stock price adjustment is imminent, it’s not a wise choice to sell a lot of your stock, pay a high capital gains tax, and monetize it.

We should learn something from the fact that many of the world’s richest people anticipate future inflation, large tax increases and further speculative movements, but are trying not to miss out on immediate profit opportunities.

 

やはり株式資産へ 2021328

米金利の上昇が、早期のインフレ懸念の払拭で、一段落した途端、世界の株式、REIT、米高利回り債券などリスク資産が週末にかけ、勢いよく反騰した。

債券利回りさらなる上昇を待っていた余剰資金が『やはり株式しかない』ということで、株式市場に流入したといえよう。

特に、米ダウ、S&P500共に史上高値を再び更新し、米国株優位の状況が戻ってきた。

米ドル高、ワクチン接種先行、地政学上の中国包囲網の形成などで米国優位が意識され、グローバル資金が米国へ流入する図式が見られる。

しばらくは株式優位の状況は続くと見ている。

ただ、来年以降のインフレ高騰懸念が消えたわけではなく、景気加熱のリスクは意識しておく必要がある。

その意味で、今後リスクの高まりは否めず、ポートフォリオ分散の重要性は高まる。

有力米金融機関の顧客へのアドバイスが参考になるので

紹介しておく。

今後の調整局面では、リバランスを意識して、次のことを

実行すべきとしている。

1)株式資産の新興国を含めた世界への分散、及び

   米国株のセクター分散。

2)債券投資におけるキャピタルゲインは難しい、高利回

   り債券、新興国債券からのインカムゲインのウェイ

   トを増やす。

3)コモディティー資産を増やす。特に貴金属、農産物

   はポートフォリオのリスクヘッジになる。

4)革新的なテクノロジー開発を手がけるスタートアップ

   企業への投資機会を加える。

来週は、最近とみに関心が高まっている『今現在、バブル崩壊寸前なのか』について、過去のバブル崩壊と比較して、分析を試みたいくつかの資料を紹介したい。

After all, nothing other than stock assets March 28, 2021

As concerns about inflation in the near future have subsided, the rise in US interest rates has settled down and then risk assets such as global stocks, REITs, and US high-yield bonds have rebounded vigorously over the weekend.

It can be said that the surplus funds that had been waiting for the bond yield to rise further flowed into the stock market because “there are nothing other than stocks.”

In particular, both the Dow Jones Industrial Average and the S & P 500 record highs again, and the situation of US stock dominance has returned.

There is a scheme in which global funds flow into the United States as the United States is conscious of its superiority due to the appreciation of the US dollar, vaccination precedent, and the formation of a geopolitical siege of China.

We expect the stock-dominated situation to continue for some time.

However, concerns about rising inflation have not disappeared for next year, and it is necessary to be aware of the risk of economic heating.

In that sense, the risk will inevitably increase in the future, and the importance of portfolio diversification will increase.

I would like to introduce noteworthy advice given to customers of leading US financial institutions

In the future market adjustment phase, the following actions with an awareness of rebalancing should be done.

(1) Diversification of stock assets to the world including emerging countries, and sector diversification of US stocks.

(2) Capital gains in the bond investment is difficult, so pay more attention on income gain from high yield corporate bond and emerging counties bond high-interest times

(3) Increase commodity assets. In particular, precious metals and agricultural products are risk hedges for portfolios.

(4) Add investment opportunities to start-up companies engaged in innovative technology development

Next week, I would like to introduce some materials that tried to analyze the current situation in comparison with the past bubble bursts about “Is it on the verge of bursting the bubble now?”

債券投資はリスクに合わない 2021321

米の長期金利上昇が、さらに1.7%を超え、14ヶ月ぶりの水準に達したことで引き続きリスク資産市場を動揺させている。

しかし、全体的には大きく下げるわけではなく、米ナスダック指数は反騰した。

株式市場も選別色は強まってはいるが、ビットコインの乱高下、米市場におけるIPOの好調、信用残高の増加など

投資家の意欲は極めて旺盛である。

一方、債券投資への警戒感は日増しに強まっている。

有名な米ヘッジファンド運用者は、「債券投資をする投資家はばかだ」とまで言わしめている。

米高利回り債券市場に大きな変化は見られないが、要注意であろう。

金利上昇はまだ序の口、不安定要素である状況は変わらないだろう。

Bond investment not in line with risk March 21, 2021

Long-term US interest rates rise, which surpassed 1.7% and reached the level for the first time in 14 months, continues to upset the risk asset market. 

However, the overall stock’s decline was not significant, and the US Nasdaq Index rebounded.

Although the stock market is becoming more selective,

substantial volatility of Bitcoin, the strong IPO in the US market, and the increase in margin credit balances, indicate that Investors are still extremely motivated.

On the other hand, the sense of caution about bond investment is increasing day by day.

A well-known US hedge fund manager even says, “Investors investing in bonds are stupid.”

There have been no major changes in the US high-yield bond market, but it should be noted.

The situation where rising interest rates is still the beginning and an unstable factor will not change for the time being.

株式離れはしばらく起きそうにない 2021314

先週の本稿で『バイデン政権の1.9兆ドル(約200兆円)の財政支援がほぼ決定したこともあり、近々マーケットは騰勢を取り戻そう。』と書いたが、その通りになった。

米ダウ平均、SP500が史上最高値を更新、世界的にも株高となった。このところ、大きく調整していたテクノロジー関連株も息を吹き返したようにも見える

(このセクターのボラティリティーはまだ続くと見ておいたほうがいい)

マーケットは米10年もの国債の利回りを過度に気にしているようだが、私が注目しているのは米ハイイールド債の利回りである。

これが低位安定し、崩れるようでなければ、当面のリスク資産市場は心配していない。

毎週毎週の動きをフォローしているが、指標銘柄であるHYG(IシェアーズiBoxxハイイールド社債ETF)の分配金利回りは4.0%前後で低位安定している。

株式を売って、乗り換えるとすれば、その高リスクに見合う利回りとして7-8%くらいは欲しい。

まだまだ相当の金利上昇(価格下落)が必要である。

Stock Away is unlikely to happen for a while  March 14, 2021

I wrote in this article last week, “The Biden administration’s $ 1.9 trillion (about 200 trillion yen) financial support has almost been decided, and the market is likely to regain its momentum in the near future.” 

That was true.

The US Dow Jones Industrial Average, SP500, hit a record high and stock prices rose worldwide. Technology-related stocks, which had been heavily adjusted recently, also seem to have come back to life (you should expect volatility in this sector to continue)

Market is overly concerned about 10-year US Treasury’s rising yields. But  I’m paying attention to is the yield on US high-yield bonds.

If this does not stabilize at a low level and collapse, the risk asset market is not worried for the time being.

Following recent weekly movements, the index ETF, HYG (IShares iBoxx High Yield Corporate Bond ETF) has a low and stable distribution yield of around 4.0%.

If you sell stocks and switch to it, you want a yield of about 7-8% commensurate with the high risk.

There is still a need for a considerable rise in interest rates (decrease in prices).

当面はシートベルトを締めて、防御的運用 202137

今週のマーケットはボラティリティーの目立った週だったが、終わってみればテクノロジー株以外は小動きだった。

投資家心理が、先週来不安定な動きの米長期金利に翻弄されているという感じだ。

米国高利回り債券の利回りは落ち着いているし、債券利回りはまだまだ、リスクに見合う水準ではない。

バイデン政権の1.9兆ドル(約200兆円)の財政支援がほぼ決定したこともあり、近々マーケットは騰勢を取り戻そう。

長期投資家である個人は、短期的な視点と長期的な視点をしっかり見極め、戦略をしっかり持つべきである。

私個人は、

短期的には、今のマーケットは全体的に(株式も債券も)投機的色彩が強くなっており、防御的ポートフォリオを組んでおくべきだと思っている。

(例えば以下のような)

先進国株式ETF:20 %

新興国株式ETF:20

短期米国債ETF :20 (現金代替)

金ETF             :20 

グローバルREIT : 20

しかし、長期的には、第4次産業革命のデジタルトランスフォーメーションの時代を先取りする成長株中心のポートフォリオを組むべきだと思っている。

大きな株式調整局面では、これらの成長株の組み入れタイミングだと考えている。

債券を収益目的でポートフォリオの一角に組み入れるのはだいぶん先になるのではないか。

 

Fasten seatbelt for the time being, Defensive Investment  March 7, 2021

This week’s market was a prominent week of volatility, but when it was over, it was a small move except for tech stocks.

Investor sentiment seems to have been at the mercy of volatile US long-term interest rates since last week.

Yields on high-yielding US bonds have been stable, and bond yields are still not at a risk-worthy level.

With the Biden administration’s $ 1.9 trillion (about 200 trillion yen) financial support almost decided, the market is likely to regain its momentum in the near future.

Individuals, who are long-term investors, should firmly identify solid strategy for short-term and long-term perspectives.

I personally think that :

In the short term, as the current market is generally more speculative (both stocks and bonds) , we should have a defensive portfolio.

(such as below)

Developed ETFs: 20%

Emerging ETFs: 20

Short-term US ETFs: 20 (Cash Substitutes)

Gold ETFs: 20

Global REITs: 20

But in the long run, as we are under the Fourth Industrial Revolution, I think we should build a portfolio centered on growth stocks that is ahead of the era of digital transformation.

In the big stock correction phase, I think it is time to incorporate these growth stocks.

Including  bonds into a corner of the portfolio for income may be a long way off.

マーケットは金利上昇に過剰反応 2021228

今週は、インフレ懸念による米金利の上昇がマーケットのメインテーマになった、

(10年物米国国債利回りが2週間前の1.13%から1.61%へ一気に0.48%上昇した。)

下図のように金利上昇によって株式の配当利回り(米S&P500の配当利回り)が債券利回り(10年物米国国債利回り)を下回った。

TINA「株式しか買うものはない」ではなくなったということで、特に値上がりの著しかった米ナスダック銘柄(前週末比-5%)、新興国株(ー6.5%)、日本株(ー3.5%)が大きく利食われた。

 

 

しかし、データ上と現実の投資家心理は別であろう。1.61%の利回りは魅力的だろうか、現実には一部の投資家の利食い売りにとどまっている。

一方で、この程度の調整では、まだ買出動したいとは思わないだろう。

米政策当局をはじめ主要国政府はマーケットの懸念払拭に躍起になっている。マーケットへのサポート姿勢に本腰と見ている。このまま株式がズルズルと値下がりを続けるとは予想していない。

とは言え、昨今のビットコイン、テスラ、ゲームストック株、SPACなど、新しいマーケット参加者のバブル的投資行動は極めて危険で、クラッシュのきっかけになりうる。

素人投資家(投機家?)大きく傷つくのではないかと心配している。

Market Overreacts to Rising Interest Rates February 28, 2021

This week, rising US interest rates due to inflation concerns became the main theme of the market

(10-year US Treasury yields jumped 0.48 % to 1.61% from 1.13% two weeks ago. ) 

As shown in the figure below, the dividend yield of stocks (US S & P500 dividend yield) fell below the bond yield (10-year US Treasury bond yield) due to rising interest rates.

No more TINA “There is nothing to buy other than stocks”, so US Nasdaq stocks (-5% compared to the previous weekend), emerging market stocks (-6.5%), Japanese stocks (-3.5%), which have had  a  remarkable performance,were hit accordingly.

owever, the data and the actual investors’ sentiment are different.

 Is the 1.61% yield attractive? In reality, it’s just a profit-taking for some investors.

On the other hand, with this degree of adjustment, you wouldn’t want to buy the dip yet.

Governments of major countries, including US policymakers, are eager to dispel market concerns. They take it seriously to support the market. We do not expect stocks to continue to fall.

That said though, the bubble-like investment behavior of new market participants such as Bitcoin, Tesla, Gamestop stocks and SPACs these days is extremely dangerous and can trigger a crash.

I’m worried that amateur investors (speculators?) will be seriously hurt.

自分にとっての居心地のいいポートフォリオ 2021221

今週のグローバルリスク資産市場は米国の長期金利の上昇に頭を抑えられた感じである。

しかしながら、投資家の買い意欲はまだ旺盛のようで、下値抵抗力は根強い。

しかしながら、マーケットは、最近のロビンフッド騒ぎ、ビットコインの異常な急騰、SPAC(空箱ファンド)の上場ラッシュとバブルそのものを想起させる状況を見せつけている。

投資家の多くが、少なからず恐怖感を覚え、近い将来の大きな調整局面を警戒し、キャッシュポジションを高めておきたいという衝動に駆られるのは無理もない。

とはいえ、最近の大きな調整局面は短期で終わり、結局はマーケットに戻り遅れ、タイミングを失するケースが多い。多くの場合、結果的に何もしない方がよかったことになっている。

要はマーケットから遠ざかるのではなく、自分にとって居心地のいいポートフォリオ(資産配分)は何かよく考え、あとは何もせず、放っておくことが一番いいのではないか。

個人の長期投資が成功するのは実につまらないものである。ペンキが乾くのを待つようなものであると米国の高名な投資家の言葉を思い出す。

今のような、ちょっとついていけないマーケットではじっとしていることが最適だろう。

そういう意味で、先週、次の危機に備えるシンプルなポートフォリオを提示した。

先進国株式ETF20

新興国株式ETF20

短期米国債ETF 20

ETF             20 

グローバルREIT : 20

これが、私の当面の居心地のいいポートフォリオということになるでしょう。

居心地のいいポートフォリオは人それぞれの資産総額、リスク許容度で色々だと思います。

自分にとっての居心地のいいポートフォリオをぜひ考えてみてください。

 

A Comfortable Portfolio for You  February 21, 2021

This week’s global risk asset market feels restrained by rising US long-term interest rates.

However, investors’ willingness to buy is still there and the resistance to lower prices is strong.

However, the market is showing a situation reminiscent of the bubble itself by the recent RobinHood turmoil, the extraordinary surge in Bitcoin and the SPAC (empty box fund) listing rush.

It’s no wonder that many investors are not a little scared, wary of major adjustments in the near future, and urged to keep their cash positions high.

However, recent major adjustment phases often end in a short period of time, eventually losing timing to return to the market.

 In many cases, the result is that it was better not to do anything.

The point is, instead of moving away from the market, it is best to think about what portfolio (asset allocation) is comfortable for you, do nothing else, and leave it alone.

The success of a long-term investment by an individual is really boring. It reminds me of the words of a well-known US investor that it’s like waiting for the paint to dry.

It’s best to stay still in a market like the one you can’t keep up with.

In that sense, last week we presented a simple portfolio to prepare for the next crisis.

Developed ETFs: 20%

Emerging ETFs: 20

Short-term US ETFs: 20

Gold ETFs: 20

Global REITs: 20

This will be my comfortable portfolio for the foreseeable future.

I think that a comfortable portfolio varies depending on each person’s total assets and risk tolerance.

Think of a portfolio that is comfortable for you.

パンデミック後の大きなショックに備えたい 2021年2月14日

今週も、世界的に史上最高値を更新する場面が増えてきた。米国だけでなく、グローバルマーケットが上昇している。

今や、世界の中央銀行になった米国FRBと財政当局が一致して、マーケットに未曾有の資金供給を続けると約束していることへの信頼感に他ならない。

従って今意識されるリスクの中で、一番大きいのは米金融政策の転換時期である。すぐにではないだろうが、どのように出口戦略を考えるのだろうか。

バブルは株式以上に債券市場の方が顕著である。

私なら、今は次のようなシンプルポートフォリオで次の危機に備えたいと思うが、はて皆さんはどう思うか?

先進国株式ETF20

新興国株式ETF20

短期米国債ETF 20

ETF             20 

グローバルREIT : 20

2021年のETF

(7) サイバーセキュリティー関連

  (CIBR) First Trust NASDAQ Cybersecurity ETF

     (BUG) Global X Cybersecurity ETF

Prepare for a big shock after the pandemic February 14, 2021

This week, there are more and more scenes where equity market hit record highs worldwide. Not only the United States, but the global market is rising.

This is surely due to the market belief that the US Fed, which has become the world’s central bank, and the fiscal authorities have united to promise to continue to fund the market unprecedentedly.

Therefore, the biggest risk that we are aware of now is when the US monetary policy will change. 

Not so soon, but I wonder if how do they come up with an exit strategy?

The bubble is more in the bond market than in stocks.

I would like to prepare for the next crisis with the following simple portfolio, 

What do you think?

Developed Country ETFs: 20%

Emerging Market ETFs: 20

Short-Term US Government Bonds ETFs: 20

Gold ETFs: 20

Global REITs: 20

2021 ETFs

(7) Cybersecurity Related

    (CIBR) First Trust NASDAQ Cybersecurity ETF

     (BUG) Global X Cybersecurity ETF

正常化した米株式市場?2021年2月7日

米国株式市場のGamestock株をはじめとした騒ぎは一応おさまり、素人投資家集団は相当の痛手を被っているようだ。

一方で市場は、グーグル、アマゾンの好調な決算内容を好感し、テクノロジー株リードで、全体指数のS&P500は史上最高値を更新した。

おかげで、世界各国の株式も軒並み大幅上昇した。

特に、米国は、指標の十年もの国債金利も再び低下し、新たなパンデミック給付がほぼ決まりそうで、金融財政面からのリスク資産へのサポートが投資家マインドを後押ししている。

ただ、マーケットのリスク資産がかなり高く買われていることを忘れてはならない。いつ大きな調整が起きてもおかしくない。

従って、自分のポートフォリオリスク調整のガイドラインを参考に挙げておきたい

(1)異常に上昇しているリスク資産はすこし利食いをしておく

(2)ポートフォリオ分散を広げるための必要現金を用意しておく(押し目買い資金)

(3)押し目買いの具体的水準を決めておく

(4)当面の現金ニーズを多めに計算しておく。

など

2021年のETF

(6)ゲーム, e-Sports関連

          (ESPO) VanEck Vectors’ Video Gaming and eSports ETF

          (PEJ) Invesco Dynamic Leisure & Entertainment ETF

US stock market was Normalized ? February 7 2021

The turmoil, including Gamestock stocks, in the US stock market, has subsided, and the group of amateur investors seems to have suffered considerable damage.

On the other hand, the market favored the strong financial results of Google and Amazon, and S & P 500 reached a record high in the technology stock lead again.

Thanks to this, stocks around the world have also risen sharply.

In particular, in the United States, interest rate 0f 10

year government bond has fallen again and new pandemic benefits are likely to be decided. Accordingly, these financial supports for risky assets are boosting investor sentiment.

However, we must not forget that the risk assets in the market are being bought at a high price.

Big market correction could occur anytime soon.

So here are some guidelines for your portfolio risk

adjustment. 

(1) some profit taking of abnormally elevated risk assets  

(2)To prepare cash for expanding  portfolio diversification(Funds for bargain purchase)

(3) To determine the specific price level of bargain purchase

(4) To calculate an enough amount of cash needs for the time being

2021 ETF

(6) games, eSports-related    

   (ESPO) VanEck Vectors’ Video Gaming and eSports ETF

   (PEJ) Invesco Dynamic Leisure & Entertainment ETF