Y&Yコンサルティングの情報提供ブログ

インフレに敏感なマーケット 2021年6月28日

先週急落したブローバル株式は今週は反発、急落分をほぼ

回復した。米株は、僅かだが史上最高値をさらに更新した。

しかし、ビットコイン等の暗号資産の乱高下がマーケットの投機熱を冷やしている。今年の5月のピーク時の暗号資産全体の時価総額2.5兆ドルから1兆ドルも減少した。

 

ただ日本株について、ワクチン接種の急速進展、オリンピック開催濃厚で、有望視するコメントが目立つようになっていることが特筆される。

 

しかし、株式は全体的には上値が重い印象は免れない。

 

やはり重くのしかかるのがインフレ懸念である。

戦前戦後で過去2回大きなインフレーションに見舞われ、

長きにわたりマーケットは苦難を経験した。

その時の悪夢が蘇るのではないかという懸念が拭えない。 

(今週の注目ニュースも、インフレに関するものが多く取り上げられている。)

 

当面は、世界の金融市場のベンチマークを決める米FRBのFOMC(公開市場委員会)の出方を注視せざるを得ない。

まだまだ、時間のかかる話なので

(1)2013年に起きた“テイパータントラム“のような予想    

  外によるショックをあまりにも心配しすぎて消極的に

  ならない。

(2)長期的観点に立ち、世界のデジタル化の進展がも

   もたらす投資の果実をもたらすポートフォリオを

   維持することに注力する。

 

(3)投機的な資産は避け、質重視の投資を心がける。

 

Inflation-sensitive markets   June 28, 2021

Global stocks, which plunged last week, rebounded this week, and recovered most of decline. 

US stocks hit a record high, albeit slightly.

However, the volatility of crypto assets such as Bitcoin has cooled the speculative heat of the market. The total market capitalization of crypto assets at its peak in May this year has decreased by $ 1 trillion from $ 2.5 trillion.

It is worth noting that with regard to Japanese stocks, the rapid progress of vaccination and the higher possibilities of the Olympic Games have made promising comments stand out.

There is the overall impression that dark clouds is hung down on the stock market.

That is because of the Inflation concern that weighs heavily.

The global markets suffered for a long time from two major inflations before and after the world war. 

We can’t help but worry that the nightmare at that time will come back.

(This week’s hot news also covers a lot about inflation.) 

For the time being, we have to keep an eye on the Fed’s FOMC (Federal Open Market Committee), which sets the benchmark for global financial markets.

It will still be a long way, so

(1)Do not worry too much about unexpected shocks like the “Taper Tantram" that happened in 2013, and not to be reluctant.

(2) From a long-term perspective, focus on maintaining a portfolio that the progress of digitalization in the world

will bring about the investment fruits.

(3) Avoid speculative assets and try to invest with an emphasis on quality.

 

 

金融環境の変化始まる? 2021620

今週のFOMCで、米FRBはとうとう、金融政策の出口を公言した。

案の定、マーケットは拒否反応を示し、グローバルに株式、REITが前週比2-3%下落した。

しかし、債券市場はほとんど無反応であった。

相対的にマーケットは極めて冷静に受け止めているという印象である。

 

米政策当局が今後、経済活動がさらに改善、そしてインフレーションの高まりを警戒し、金利を正常に戻すということである。

 

金融政策が多少引き締め方向に転換し、当初、株式は売られても、早晩、実体経済の成長を反映するはずである。

いい買い場と判断した方がいい

 

今年後半以降、気迷いなマーケットが予想されるが、投資家は中長期の観点に立ち、実際に金融政策が変更されても、あまり動揺せず、次のように対応することを勧める。

 

(1)株式を売り逃げようとしない。最高のインフレヘッジ

   になる。

(2)ディフェンシブ株ではなく、成長株、金融株を保有す

   る。

(3)長期の債券は保有しない

(4)現金を持ちすぎない。短期債を保有する。

Will the financial environment begin to change?  June 20, 2021

At this week’s FOMC, the Fed finally announced the exit for monetary policy.

Sure enough, the market responded negatively, with global equities and REITs declining 2-3% from the previous week.

However, the bond market was almost unresponsive.

I have the impression that the market is relatively calm.

 

US policymakers are wary of rising inflation by the further improvements in economic activity and will return interest rates to normal.

 

When monetary policy has turned a bit tighter,  stocks should initially be sold, but sooner or later reflect the growth of the real economy.

You should judge it as a good chance  to buy.

 

Although the market is expected to be uncertain for the latter half of this year, investors are encouraged to take the following measures from a medium- to long-term perspective, without being too upset even if monetary policy actually changes.

 

(1) Do not sell stocks.(the best  inflation hedge)

(2)  Hold growth stocks and the financial stocks rather than a defensive stock,

(3) Do not hold long-term bonds

(4) Do not hold too much cash. Hold short-term bonds.

リフレーションからインフレーション 2021613

今週は、選別的に米S&P500やドイツ株が僅かながらでも史上最高値を更新し、個人投資家がMemeと言われる小型株へ盛んに投機的な買いを入れている。

REITも世界的にイールドハンティング(利回り狩り)対象として、注目され、パンデミック前の水準を回復している。

しかしながら、グローバルなリスク資産市場への資金流入は明らかに減ってきている。高値しぐれと言える状況にある。

マーケットはパンデミックからの回復、リフレーションを歓迎してきたが、4月、5月と米消費者物価が前年同期で大幅上昇を示したことで、にわかにインフレーションへの警戒感がマーケットリスクの表舞台に出てきた。

1960年後半にもインフレ率が高まったとき、FRBの対応の遅れから1970年代のインフレと景気後退の共存、そしてボルカー議長による荒療治という悪夢が彷彿される。

今回のインフレ率の上昇で、当時の記憶がマーケットに重くのしかかるであろう。

実際に、インフレ状況の判断、金融当局の金融政策の変更にはまだまだ時間を要するが、なかなか払拭しきれない大きなリスク要因として続くことを覚悟したほうが良さそうである。

From Reflation to Inflation June 13, 2021

This week, US S & P 500 and German stocks have hit record highs, albeit slightly, and individual investors are actively speculatively buying small-cap stocks called Meme.

REITs are also attracting attention worldwide as targets for yield hunting, and are recovering their pre-pandemic levels.

However, the inflow of funds into the global risk asset market is clearly declining. It is in a situation that can be said to be overpriced.

The market has welcomed the recovery from the pandemic as a reflation, but in April and May, the US consumer price index rose sharply in the same period of the previous year, and a sense of caution about inflation suddenly became the center stage of market risk. 

When the inflation rate rose in the latter half of 1960, the delay in the Fed’s response reminded us of the nightmare of inflation and recession in the 1970s, and the rough treatment by Chairman Volcker.

With this rise in inflation, memories of the time will weigh heavily on the market.

In fact, it will take some time to judge the inflation situation and change the monetary policy of the financial authorities, but it seems better to be prepared to continue as a major risk factor that cannot be easily eliminated.

株式投資を続けることが賢明 202166

米S&P500指数は過去7営業日、取引も少なく、0.4%以上上下に動いていない。世界的にも、一部の個人投資家好みの小型株が乱高下しているのが目立つ程度で、株価は高値圏で固まっている感じである。
色々な指標を見ても、株価は高すぎると思われており、マスコミも評論家も警鐘を鳴らす。
投資家は膨大な現金ポジションを積み上げ、買いのタイミングを図っているようである。
こうしたタイミングに、参考になるであろう3つの興味ある記事を紹介したい。

(1)調整を待つのは利回りを下げる(UBS銀行レポートからの引用)

 『調整を待つのは、長期的には投資成果が得にくいことがわかってい る。1960年にS&P500種株価指数に100米ドルを投資して現在まで保有し続け た場合には4万3,132米ドルになっている。これに対し、1960年に買いを入れ、 その後新高値をつけたときに売却し、その後は10%の調整を待って買い戻す という「押し目買い」戦略を採用した場合には、資産はわずか534米ドルになる 計算だ。つまり、長期保有していた場合、資産価値は押し目買い戦略の約80 倍になったと試算される

リスクが後退するまで待つ戦略の場合でも、常に新たな懸念が生じ、 結局長期にわたって「待ち続ける」ことになりかねない。』

(2) インフレでも株式

ウォーレンバフェット氏の高インフレ時の投資
#1 債券を売り、現金化
#2 金、銀、コモディティーを保有
#3 株式投資

(3)過去とは違うこれから先

 1792-1914 : 自由貿易、低金利の時代
 1914-1945 : 世界戦争による混乱期
 1945-1981 : 金利上昇期
 1982ー現在:金利低下期
 今後     :持続的超低金利、一体化した
       グローバル市場  

 歴史は繰り返すとはいえない海図なき株式市場の到来。

It’s wise to continue investing in stocks  June 6, 2021

The US S & P 500 Index hasn’t moved up or down by more than 0.4% in the last 7 business days with low transaction volume. 
Globally, the stock price seems to be stuck in the high price range except that some small-cap stocks, which are preferred by individual investors, are volatile.
Looking at various indicators, the stock price seems to be too high, and the media and critics warn. 
Investors seem to be accumulating huge cash positions and timing their buys.
At this time, I would like to introduce three interesting articles that may be helpful.

(1) Waiting for corrections lowers yields (quoted from UBS Bank Report)

“Waiting for corrections is known to make it difficult to obtain investment results in the long run. If you invested US $ 100 in the S & P 500 Index in 1960 and continued to hold it, it would be US $ 43,132. In contrast, if you buy in 1960, then sell when you hit a new high, and then buy back after a 10% correction, your assets are only $ 534. It is a calculation that becomes. In other words, if you hold it for a long time , the asset value is estimated to be about 80 times higher than the bargain hunting strategy

And also even if you have a strategy that waits until the risk recedes, new concerns always arise and you will end up “waiting" for a long time. That could be the case.

“(2)Stock investment even in inflation

 Mr.Warren Buffett’s inflation play
# 1 Sell bond for cash
# 2  Invest in gold, silver, commodity
# 3  stock investment

(3) From now on, a new era for stocks

1792-1914 : Free trade, low interest rate era
1914-1945: World war turmoil
1945-1981: Interest rate rise
1982-Present: Interest rate decline
 Future: Sustainable ultra-low interest rates,   
             Integrated global market 

 Entering uncharted territory 

慎重なリスクオン 2021530

マーケットに陰を落としていた高インフレ懸念が和らいできた。

米国株は史上最高値圏を維持し、欧州は史上最高値を更新している。テクノロジー株が表舞台に戻ってきたことが牽引した。

しかし、マスコミが喜びそうな投資リスクも目白押しである。

(1)行き過ぎの過剰流動性

(2)高すぎる株価評価

(3)一部の米国成長株への集中投資  

  (米国株の時価総額はMSCI世界株全体の56%を占め    

   英国、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、イタリ

   ア合計を上回る。)

(4)楽観的すぎる経済見通し

などで、リスクオンの投資をどんどん続けずらい。

重要なことは、投資家が第一に考えなければいけないことは、投資リスクを抑えることである。儲けることは次に考えることである。

しかし、リスク分散が難しくなっている。

伝統的な株式とは逆相関の金、円、スイスフラン、暗号資産が株式と同じ動きをするケースが増えてきているためである。

それでも、当面は、リスク分散をはかりつつ、慎重なリスクオンを続けざるを得ない。

そのためにも、過熱マーケットでFOMO(乗り遅れ不安)に陥らず、マーケットクラッシュ時にパニック売りをしないように、次の点を留意していただきたい。

 

(1)リスクを煽るニュースはマスコミが喜ぶもの、SNSな

   ども無視し、常に中長期に意を向ける。

(2)日々のポートフォリオ評価をせず、自分の長期的投資   

   プランの沿ったポートフォリオのパフォーマンスを

   考える。

(3)インデックスファンド等のドルコスト平均法投資を

   続ける。

(4)大きく下げた時に買う。

Cautious risk-on  May 30, 2021

Concerns over high inflation, which had cast a shadow over the market, have eased.

US stocks remain at around record highs and Europe hits record highs. The return of technology stocks to the front stage was the driving force.

However, there are many investment risks that the media may be happy with.

(1) Too Excessive liquidity

(2) Too high stock price valuation

(3) Concentrated investment in some US growth  

     stocks

    (Market capitalization of US stocks accounts for  

     56% of all MSCI world stocks, more than total of 

    UK, Germany, France, Italy, Russia,Italy)

(4)Too optimistic economic

Under which circumstances investors would hesitate to continuously  invest in risk-on.

Importantly, the first thing investors have to think about is reducing investment risk. The next thing to Making  money is the next thing  to think about.

However, risk diversification has become difficult.

This is because there are increasing cases where gold, yen, Swiss francs, and crypto assets, which were inversely correlated with stocks, have recently correlated with stocks.

Nevertheless, for the time being, we have no choice but to continue cautious risk-on while trying to diversify risks.

To that end, please keep the following points in mind so that you do not fall into FOMO (Fear of Missing Out) in the overheated market and do not make panic

selling when the market crashes.

(1) Ignore the near term risk news that the media and SNS are happy to inflare and pay attention to the long term prospects 

(2)Do not evaluate your portfolio daily.

 Think about your long-term investment performance in line with your plan

(3)Continue to invest in index funds by the dollar cost averaging method 

(4) Buy the big dip

インフレが高まっても株式しかない 2021522

先週、4月の米消費者物価の大幅上昇をきっかけにインフレ懸念が台頭し、世界株式は大きく下げた。

今週は下げ止まったが、狭いレンジでの動きに終始した。

ビットコインなど暗号資産が売り込まれ、リスク資産に影響した。売り込まれたIT、バイオテクノロジー関連に資金が多少戻ったものの、限定的だった。

久しぶりに金価格がじわり上昇トレンドが強まっていることが投資家心理の慎重さを示しているといえよう。

中長期で考えれば、今後23年はインフレ率が高まるのは避けられない。たとえ、3年くらいでインフレが20%近いものになっても、インフレに負けない資産運用をしようとすれば、株式資産で運用するしかない。

株式配当利回りが35%の銘柄はいくらでもある。リスク分散を考えても、現金や債券の分散効果は低い。

金資産を若干保有するくらいであろう

No choice but stocks in the face of rising inflation  May 22, 2021

Last week, the sharp rise in US consumer prices in April triggered inflationary concerns, and global stocks fell sharply.

It stopped declining this week, but it was all about moving in a narrow range.

Cryptocurrency assets such as Bitcoin were dumped, affecting risk assets. Although some funds returned to the IT and biotechnology related stocks that were sold, it was limited.

It can be said that the cautiousness of investor sentiment is shown by the fact that the gold price has started to rise for the first time in a long time.

In the medium to long term, inflation will inevitably rise over the next few years. Even if inflation reaches nearly 20% in about three years, if you want to manage assets that can withstand inflation, you have no choice but to manage with stock assets.

There are many stocks with a stock dividend yield of 3-5%. Even considering risk diversification, the diversification effect of cash and bonds is low.

Some gold assets would be better.

時限爆弾の音に過剰反応する株式市場 2021516

4月の米インフレが前年同月の反動とはいえ、4%を超えたことで、株式はパニック的リセット売りにさらされた。

一方、債券とかREITはほとんど反応を示さなかった。

投資家心理が時限爆弾的イベントに警戒的ムードであったこともあり、過剰反応した。しかし、週末はとりあえず急反発し、週初からの下げ幅の半分ほど戻した。

投資家も米政府当局も、1970年代の高インフレを制御するための高金利引き締め策や2013年のバーナキー米FRB議長のテーパリングタントラム(テーパリングを発表したことを嫌気した大幅な株価下落)を想起し、過剰反応した。

今後、数が月の詳細なインフレ分析を注視する必要があるが早計の感がある。

これまでも再三書いているが、

(1)先進各国とも、そう簡単には金融緩和、財政拡大を

  やめられない。(経済の市場化)

(2)リターンをあげられる投資対象は株式しかない。

ことを考えると、継続的な弱気マーケットを心配する必要はないと思う。

現在のような状況下で、投資リターンを高めるには、

成長株に焦点を当てる

パニック売りはしない

絶えず魅力的な投資機会を探す

儲かっているものは売らない

Stock markets overreacting to the sound of a time bomb  May 16, 2021

Stocks were exposed to panic reset selling as US inflation rate in April exceeded 4%, albeit a reaction to the same month last year.

Bonds and REITs, on the other hand, showed little reaction.

Investor sentiment was overreacted, partly because it was in a cautious mood for time bomb events. However, on the weekend, stock prices rebounded sharply and returned by about half of the fall from the beginning of the week.

Investors and U.S. government officials have recalled implemented high interest rate tightening measures to control high inflation in the 1970s and the 2013 Fed Chairman Burnaky’s Tapering Tantram (a sharp fall in stock prices that disliked the announcement of tapering) and overreacted.

In the future, it is necessary to pay close attention to the detailed inflation analysis of the ext several months, but it seems premature to judge.

As I have written repeatedly,

(1) In developed countries, monetary easing and fiscal expansion easily cannot be stopped. (Economic marketization)

(2) Stocks are the only investment target that can yield reasonable returns.

Given that, I don’t think we need to worry about the imminent ongoing bear market.

To increase your return on investment under the current circumstances,

◆Focus on growth stocks

◆ Don’t sell panic

◆Look for attractive investment opportunities  

 constantly

◆Never sell profitable investment vehicles in 

   your portfolio

クラッシュは健全なこと 202159

第一四半期の企業決算は極めて好調だが、高値が続くリスク資産市場に対する政府当局者のマーケットへの警戒発言、ウォーレンバフェット氏のマーケット過熱感発言などが相次ぎ、上値を追えない雰囲気である。

弱気の機関投資家と強気の個人投資家のせめぎ合いの中でも、米S&P500、ダウ平均は史上最高値更新を続け、ドイツダックス指数はほぼ史上最高値など世界株式は高値圏での横ばい、久方ぶりの金価格上昇基調、さらにREIT指数はコロナ前の高値を取り戻しつつある。

世界的にリスク資産は強い。

一方で、多くの専門家は一様に、マーケットクラッシュはそう遠くないと警告を発している。

専門家が今後、時折、クラッシュが来ると叫び続ければ、早晩的中するだろう。しかし、クラッシュを恐れているわけではない。

投資家は、過去のマーケット経験で、利口になっているような気がする。また、リスク許容度も高まっている。

資本主義が崩壊しない限り、経済も企業収益も成長し続けると見ているので、今4000ポイントのS&P500は当面は下押ししても、8000ポイントに向かって上昇し続けるとほぼ確信しているからであろう。

当面の一時的なクラッシュやコレクション(調整的大幅下落)は極めて、健全なものと考えているはずである。

Crash is healthy matter May 9, 2021

The company’s financial results in the first quarter are extremely strong, but the investors’ sentiment is cooling by the government official’s and Warren Buffett’s market overheating remarks.

Even in the battle between bearish institutional investors and bullish individual investors, the US S & P500 and Dow Jones Industrial Average continued to hit record highs, the German Dax Index was almost record high, and world stocks were flat in the high range. 

 Gold prices, the first time in a while, are on the rise, and the REIT index is regaining its pre-Corona highs.

Risk assets are bullish worldwide.

On the other hand, many experts have uniformly warned that the market crash is not too far.

If experts occasionally continue to scream for crashes in the future, it will hit the spot sooner or later.

But they, by themselves, are not afraid of a crash.

Investors seem to be smart in their past market experience. Risk tolerance is also increasing.

They are pretty sure that the current 4000-points S & P 500 will continue to rise towards 8000 points, even if it’s occasionally down , as we expect the economy and corporate profits to continue to grow unless capitalism collapses. 

Temporary crashes and corrections (adjusting  sharp drops) should be considered extremely healthy.

上値重い株式市場  202151

今週は、アマゾン、アップル、Googleなどの米大手テクノロジー企業の第一四半期決算ウィークとなり、予想を超える好決算が相次いだ。

さぞかし株価は好感するだろうと思われたが、全般的に利食いに押された。機関投資家が利食いを主導したようだ。

過去データに照らすと、株式市場がこれ以上の上値を望み にくい時期に入ろうとしていることも認めざるを得ない。

この先、まだ上昇の余地があるかもしれないが、大きな調整が必要なのは時間の問題ということなのだろう。

➡️ 米株式市場価値の対GNP比

先週も取り上げたが、一時的なマーケットクラッシュは怖くない。

クラッシュに備えて、次のような準備をしておけば良い。

1)現金を用意しておく

2)自分の長期投資方針をしっかり守り、ポートフォリオ

   の資産評価をチェックしない。(パニック売りをし

         ないため)

3)買いも売りもタイミングを測らず、ドルコスト平均法

   でおこなう。

Burdensome Equity Market  May 1, 2021

This week was the first quarter earnings week for major US tech companies such as Amazon, Apple and Google, with remarkably more than expected results.

The stock price seemed to be favorable, but was generally pushed by profit taking. Institutional investors seem to have led the profit taking.

In the light of historical data, we have to admit that the stock market is about to enter a time when it is difficult to expect a higher price.

There may still be room for rise in the near future, but it’s only a matter of time before major correction is needed.

➡️ US stock market value to GNP ratio                               

As I covered last week, I’m not afraid of a temporary market crash.

The following actions should be taken for a crash.

(1) Have cash ready

(2) Adhere to your long-term investment policy and do not  

     check the asset valuation of your portfolio.  

       (In order not to sell in a panic)

(3) Buy and sell without timing the market, and use the 

     Dollar Cost Averaging method.

パニック的クラッシュはこわくない 2021425

今週のマーケットはビットコインの乱高下、米国の富裕層へのキャピタルゲイン税率の倍増観測などで不安定だったが、終わってみれば、押し目買い意欲が強く、高値圏を維持した。 

先週も触れたが、行き場のない膨大な待機資金があり、当面は金融・財政政策の変更はないとなれば、どう考えても株式やREITなどのリスク資産しか行き場がない。

シンプルに考えれば、今、最適なポートフォリオは株式75%あとは現金とゴールドでいいということになろう。

投資家心理が一気に悪化し、パニック的に大きく値下がりするようなクラッシュは怖がる必要はない、逆に、チャンスという考え方が投資家の間に広まってきているように思う。

そういう意味で、当面注意すべきリスクはインフレと金融緩和政策の変更だろうが、1982年以降40年つづいている低金利、低インフレが反転するきっかけを判断するのは極めて難しい。

(1982年以降のインフレ収束、金利低下のきっかけも大分、後になって、わかった)

Panic crash is not scary  April 25, 2021

Although this week’s market was volatile due to Bitcoin volatility and the observation of a doubling of the capital gains tax rate on the wealthy in the U.S, higher stock price range was finally maintained because of “Buy the Dip" motives.

As I mentioned last week, there is a huge amount of waiting funds that have no place to go, and if there are no changes in monetary and fiscal policies for the time being, there is nowhere to go but risk assets such as stocks and REITs.

Simply put, the best portfolio now is 75% equity and the rest cash and gold.

You don’t have to be afraid of a crash where investor sentiment suddenly deteriorates and the price drops sharply in a panic, but on the contrary, the idea of ​​opportunity seems to be spreading among investors.

In that sense, the risks to watch out for the time being are inflation and changes in monetary easing policies, but it is extremely difficult to determine the trigger for the reversal of low interest rates and low inflation, which has continued for 40 years since 1982.

(It was actually found out far later than 1982 that inflation had converged and interest rates had fallen since 1982)