Y&Yコンサルティングの情報提供ブログ

日米欧のマーケット、連休控え様子見 2019421

今週は、中国の景気指標が、対策効果出てきたのか予想以上に良かったことが発表されたが、マーケットの反応はなかったに等しい。

欧米が金曜日からイースター休暇に入るので、強気筋も弱気筋も様子見である。第一四半期の決算発表も、まだ始まったばかりで大勢は見えないのも要因の一つであろう。

米株式市場は史上最高値一歩手前で、上にも下にも行きずらい。ただ、テクノロジー関連のIPO(新規上場)2社(Pinterest, Zoom)への人気は好調であった。

また、私が注目したのは、米のあるアナリストグループがテクノロジー株は景気循環株というよりも、ディフェンシブ株なのではないかという分析である。

その持続的成長力と潤沢な現金保有そして企業コスト低減への寄与を評価すると、景気が鈍化しても影響される度合いは小さいという分析である。

異常な利回り狩り

一方、「利回り狩り」(Yield Hunting)という言葉で表されているが、投資家の運用難がますますひどくなっている。

サウジアラビアの米ドル建て10年債(利回り3ー4%)に世界の機関投資家が飛びついているようだし、我が国ではソフトバンクの6年債、1.64%で5000億も発行される。

米国では信用力のない企業のハイイールド債やローンが投資家のニーズ旺盛で未曾有の水準に達している。利回りは5%以上とはいえ、リスクに見合うのか疑問である。

そう思っている投資家は私だけではなく、多いはずである。

上記のように当面のいろいろな投資資産のリスク/リターンのトレードオフを考えると、どうしても進む第4次産業革命に支えられる株式資産と安定高収入のREITに目を向けざるを得ないのは私だけであろうか。

注目の米第1四半期企業決算の様相次第 2019414

今週は、週末の主要銀行に始まる米第1四半期決算待ちで、投資家はほとんど動かなかったといえよう。

ブレグジット、米中貿易交渉などはサイドショーとしてみながら、先週も書いた通りもっぱら米第1四半期決算が関心の中心であった。

その証拠に、金曜日のJPモルガン、ウェルスファーゴ銀の予想を上回る決算に米国をはじめ世界のマーケットは好反応を示した。

世界中の資金を惹きつける米国株式市場は、昨年9月の史上最高値にあと一歩のところに来ているだけに、慎重な姿勢は崩せない。

                      現在値

   米ダウ平均:26,412 (26,828)

   米S&P500 : 2,907(2,931)

   米ナスダック:7,984(8,110)

   日経ダウ:21,871(24,271)

   独ダックス:12,000(13,560)

   (カッコ内は昨年の史上最高値、日経のみ昨年の高値)  

投資家心理は売る理由があれば、すぐ出口に殺到する状況にあるとも言えるが、今のところ、ブレグジット、米中問題、景気後退という主要な懸念に決め手がないので、売りも買いも大きく動きたくない。

米国の第1四半期企業決算が直近の予想で昨年同期比減益ではないかと言われているで、その進展を見極めたいという心理が強い。

とりわけ、テクノロジー関連企業の決算を注目しており、それほど悪い見方は出ていない。

引き続き米テクノロジー株(第4次産業革命)中心のグローバル株式とグローバルREIT(金融緩和基調の持続)にポイントを置いたポートフィリオを維持することが賢明であろう。

そして

マーケットクラッシュに備えて以下のTIPSを絶えず念頭におくことを勧める。

TIPS 1絶えず十分なキャッシュフローを保有すること

[TIPS 2]:ポートフォリオの評価損益を頻繁にチェック
しない

TIPS 3】: ドルコスト平均投資法

  [TIPS 4】:ゴールド資産をポートフォリオの最低10%保有

【TIPS 5】:この先5年程度の中長期視点でのポートフォリオ維持を考える

【TIPS 6 】: 定期的に確実な現金収入を生む資産をポートフォリオの中核に置く。

米国に集まりやすいグローバルマネー 201946

今週も、世界のリスク資産は堅調に推移した。

とりわけ、米国株、米国REITは連日、着実に上昇しているという印象である。

投資適格のグローバル資産全体を比較しても、債券も利回りは、欧州、日本とは比べ物にならないくらい高いし、REITのパフォーマンスも引けをとらない。

なによりも米ドルの基軸通貨としての地位が、ユーロの地盤沈下で、相対的安定性がますます強固になってきたことがグローバル投資家の注目している。

世界経済成長の牽引役、テクノロジーでも世界をリードしているという流れが見て取れる。

アマゾン(時価:1837ドル)が来年には3000ドル、再来年には5000ドルというアナリストの分析が話題になっている。

また、バンク・オブ・アメリカ調べ(2019/4/4現在)ではあるが、

米国の優良株式銘柄1社か2社合計で欧州各国の上場株式時価総額に並ぶというほどに、米国株式市場に世界の金が集中しているという事実である。

ドイツ:11880億ドル=アップル+ディズニー:11300億ドル

フランス:15510億ドル=アマゾン+グーグル:17380億ドル

スペイン:4120億ドル=フェイスブック:5030億ドル

イタリア:3230億ドル=JPモルガン:343億ドル

ポルトガル:220億ドル=ハーシー:240億ドル

など

(別の筋からの統計でも、運用難からかスイス国立銀行では米国株運用に875億ドル<約9兆円、2018年央現在>も積み増している)

欧州、日本、中国などと比較すると経済的、政治的に不安の少ない米国に消去法的にグローバルマネーが集まりやすい縮図が見て取れる。

来週に入ると、2019年第一四半期の企業決算発表が相次ぐので、投資家の関心がそちらに移っていこうが、トレンドしては米ドル、米テクノロジー株式、グローバルREITの流れは続くと見ている。

しかし、ボラティリティーが高まりやすく、売られやすい相場環境であることには変わりはないことだけは、念頭においておく必要がある。

先週はマーケットクラッシュに備えて:復習を確認したので、続きとして

マーケットクラッシュに備えて:TIPS 6 】
   定期的に確実な現金収入を生む資産をポートフォリオの中核に置く。


現金保有だけでなく、毎月とか3ヶ月ごとに定額な現金収入が入ってくれば、イライラすることなく、マーケットの戻りを待てた経験からのアドバイスである。

配当政策のしっかりした優良企業の株式(6カ月ごとの配当)、高利回り債券ファンド(毎月ないしは3カ月ごとの分配金)、REIT(3カ月毎の分配金)はマーケットクラッシュの際には価格下落はあるものの、配当や分配金はそう大きくは影響されずに支払われるものである。

株式、REITに集まるイールドハンティング資金 2019331

波乱含みの2019年第一四半期ではあったが、魔の2018年第4四半期からなんとか立ち直り、世界のリスク資産は総じてプラスで終わることができた。

マーケットを恐れて、売り逃げてしまった投資家は、大きなリターンを取り逃がしてしまったことになる。

米国株(S&P500指数)は、12%上昇し、リーマンショックからの立ち直り直後の2009年第3四半期以来の上昇幅となった。(昨年9月末の史上最高値へあと4%程度までもどしたことになる)

米ハイテク中心のナスダックは16%、新興国株は10%(中国株は24%)、ドイツ株は9%、日本株は6%。

また、もうひとつ注目されたリスク資産は世界のREITである。

米国REIT 16%、欧州REIT 13%、アジアREIT 12%、日本REIT 9%と軒並み高い値上がりとなった。

これは、信用力のある投資対象の中で世界で最も金利が高い米国国債(10年もの)でも2.4%にまで金利低下する中、イールドハンティング(利回り狩り)資金が消去法的に株式とREITの2つのリスク資産に投資せざるを得ないという投資環境のためである。

2%程度のインフレにもならず、世界景気が減速気味になり、むしろさらなる金融緩和も必要ではないかと思われ出している足元では、こうした投資環境がつづくと見ておかざる得なくなってきた。(従来、予想されていた世界的金融緩和からの出口論は修正を余儀なくされそうである。)

つまり、景気後退懸念や米中問題、ブレグジット不安などはあっても、世界の膨大な運用資産は、株式とREITに投資せざるを得ないということを念頭におくべきである。

(現在の全世界の株式と債券の流通残高は、175兆ドル<約1京2000兆円>と1990年当時(23兆ドル)の8倍、世界のGNP合計の2倍の規模:米バンク・オブ・アメリカ調べ)

マーケットクラッシュに備えて:復習(詳細は過去5週分参照)

【TIPS 1】: 絶えず十分なキャッシュフロー
を保有すること

                    

[TIPS 2]:ポートフォリオの評価損益を頻
繁にチェックしない

                      

TIPS 3】: ドルコスト平均投資法

  [TIPS 4] :ゴールド資産をポートフォリ
                      オの最低10%保有    


【TIPS 5】:この先5年程度の中長期視点で
                     のポートフォリオ維持を考える


世界的景気後退はあるのか 2019年3月24日

今週は、世界景気に不安はあるものの、懸案のブレグジットと米中貿易交渉に特段の進展がなく、前半こそリスクオンマーケットはつづいたが、週末になって、欧州、とりわけリーダーのドイツの製造業生産が予想以上に悪かったことが発表されるや、一気に売り一色となった。

前日には、米FRB議長が、今年はもう利上げしないと発言したことで、マーケットは好感する反面、景気がそれほど悪いのかという懸念も出ていた。

そこへ、欧州の製造業指数の予想以上の低下に、投資家はいち早く反応したのは当然である。

週明けには、急な円高もあり、日本株の急落は避けられないだろう。

当面は、世界経済の後退というリスクを確認することがマーケットの主要テーマになりそうです。もうすぐ、4月に入り2019年第一四半期の企業決算の発表が始まる。その去就が最も注目される。

最近、「悪いニュースに過剰に反応するのは人間の本能らしい」という記事を読んで、感じたのは、マスコミもマーケット専門家も殊更に悪いニュースを取り上げる傾向にあるということです。

そのほうが、より注目されるからかもしれません。特に、短期的な視点ではなおさらです。その意味で、ここしばらくおとなしかったボラティリティーが高まると見ておいたほうがいいでしょう。

マーケットクラッシュに備えて:TIPS 5】この先5年程度の中長期視点でのポートフォリオ維持を考える

そういう時に個人投資家が持つべき投資姿勢は、再三取り上げているように、あくまでも中長期視点でポートフォリオを考えるということです。

この先5年程度の投資環境にドラマチックな変化が明白に予想されない限り、ポートフォリオを大きく変更してはいけないと思います。

ドラマチックな変化とは、例えば大きな戦争(いまの米中貿易交渉も経済戦争になりうる)、高インフレ、金利の急上昇などです。

この先5年程度で、私が最も注目している投資視点はこの稿でも再三取り上げているテクノロジーの飛躍的進展がもたらす第4次産業革命です。凄まじい速さで進んでいます。

マーケットのボラティリティーの高さに翻弄されて、この第4次産業革命のもたらす果実を見落とさないようにしなければいけないと感じています。

(米国、中国、シンガポールではより強く感じることが多い)

警戒的ながら、再びリスクオンに 2019年3月17日

今週末にかけて、一ヶ月半以上足踏み状態だったリスク資産がブレグジット懸念と米中貿易交渉という2大リスクが緩和されたことを好感して、リスクオンにスイッチが入ったようだ。

世界景気の後退というまだ漠然としているリスクを除けば、ブレグジットと米中貿易交渉以外には大きなマーケットリスク(米ボーイング社の最新鋭旅客機墜落事故の波紋が大きくなっているが、マーケット全体では限定的)が見当たらないので、投資家心理が好転したのだろう。

とりわけ、長期的な収益期待の世界のテクノロジー関連株、と短期的な確定収入期待の世界のREITへの資金流入が膨らんだ。

足元の資産クラスの中では、株式とREITの収益性が他の資産に比べて優れているので、リスクオンとなればその二つの資産が買われるのは当然のことである。

とは言え、前掲の2大リスクもどんなちゃぶ台返しがあるかわからない以上、過度の楽観は禁物であるのは言うまでもない。

[マーケットクラッシュに備えて: TIPS 4] 
ゴールド資産をポートフォリオの最低10%保有

ゴールド(金)は人類史上6000年以上、安全な信頼できる、あの輝きに魅せられる資産として、認められてきた。

特に、マーケットがクラッシュしたときには、大きなポートフォリオヘッジ機能を果たしてきた。

リーマンショックの2009年には、1オンス=900ドル前後だった価格が2011年まで上昇し続け、2倍以上の1,900ドルまで上がった。

 しかし、十分なポートフォリオヘッジ機能を果たさせるには、比率が最低でも10%以上必要である。少しずつでも、安い時に溜め込んでおくことが重要である。

長らく1,200ドル近辺で前後していたものが、足元で1,300ドル台に切り上げてきている。何か今の投資家心理を写しているような気がする。

現実味増す世界的景気減速懸念 2019年3月10日

景気減速の波が中国から、欧州、日本にも及んで来たことを示す指標が相次いで発表されたことで、投資家の弱気を刺激している。

世界の主要中銀による引き締め姿勢の後退という材料よりも、世界的な景気懸念という不安要因に目を向けざるを得なくなってきた。

世界の株価は昨年末以降、急反発したが、「短期の戻り相場」と割り切っていた投資家も少なくないとみられ、景気不安が払拭されないままだと、株安圧力が当面はくすぶり続ける恐れがある

とはいえ、今週もボラティリティーはそう大きくなく、方向感がないという感触である。米中の貿易交渉がうまく、決着すれば、市場は一時的に、上昇トレンドを取り戻すだろう。

しかし、足元の最大の注目材料がなくなれば、今度は、PMI(製造業指数)や企業収益などのファンダメンタルに一層の関心が集まり、景気後退懸念のボラティリティが高まると見ている。

一時的な上昇は、引き続き、現金積み増しの良い機会と見ておいたほうがよかろう。

TIPS 3】: ドルコスト平均投資法

残念ながら、マーケットクラッシュの場面では、ほとんどの投資家は、冷静な投資判断が出来ずに、投資機会を逃してしまうものです。

自分がマーケットクラッシュが近いと思った時に、ドルコスト平均投資(毎月決められた日など定期的に、決まった金額を投資する手法)をはじめていれば、いざクラッシュになった時でも、感情に左右されて投資機会を逃すことはない.(普段からこの手法で投資しているのなら、金額を増やすとなおさら効果がでる。)

価格低下がつづけば、定期的により安く買えることになり、平均コストもだんだん下がる。

相場回復した時には、より早く資産価値がクラッシュ前に戻るというわけです。 なによりも重要なのは、突然起こるマーケットクラッシュにも、投資タイミングをはかる必要はなく、慌てず、冷静にしていられるということです。

現金比率を高めておきたい 201933

この一週間、マーケットを取り巻く注目ニュース(米中貿易交渉、米FRB金融政策など)は決して悪くはなかったが、世界の株式などリスク資産は、中国株を除けば、ほとんど動きはなかった。

景気、企業収益や金利などのファンダメンタルへの懸念はなにもかわっておらず、年初からの強い市場を訝る声が散見されているためであろう。

足元の市場環境では、先週のTIPS1でお勧めしたように、上昇局面を利用して、現金比率を高めるほうが安心であろう。

TIPS 2]:ポートフォリオの評価損益を頻繁にチェックしない

長期投資家はポートフォリオの状況を絶えずチェックするのはおろか。投資目標は先にあるのだから、短期的に評価損益に一喜一憂するのは精神衛生上良くない。

むしろ、ポートフォリオの中味を分析し、自分がいかなるリスクにさらされているか知っておくことは大事である。

想定のリスクの範囲内であることを確認すれば、マーケットを気にしなくて済む。

米中のニュース次第では、空気が一変するリスクも 2019224

今週は米市場がプレジデントデー3連休と,今や進展中の米中貿易交渉の狭間で投資家は動きようがなかった。

個別企業のニュースに反応する程度で、現金ポジションもキープしたままである。

とはいえ、金、REIT、債券さらには、新興国株式も高い。明らかに先進国株式のヘッジ的意味合いが濃いが、投資家心理は前向きである。

世界の投資家が注目する米国株は、総合指数のS&Pが2778と、昨年12月24日の2346からすでに18%も上昇し、この辺でちょっと調整がほしいとの声も聞かれるが・・・

万物はうつろう

現在、歴史家ハラリのベストセラー「ホモデウス」読んでいる。

中の一節に「歴史には一定不変の大原則が一つある。すなわち、万物はうつろう、ということだ

というのがある。

まさに、マーケットを見ていると、それを痛感する。

しかも、いつうつろうか読みにくくなっている。

私はこれまで、再三「予測を当てにせず、マーケットにとどまり、長期投資に徹すれば、大きな資産形成ができる」と言ってきました。しかし、現実にマーケットがクラッシュしたら、心が落ち着かないのは人間心理です。かなりのストレスになります。

どうしたら突然のマーケットクラッシュに落ち着いて対処できるか、私の長いリスク資産への投資経験と多くの先駆者のアドバイスを参考にしていくつかのTIPSをこれから毎週一つづつまとめて行きたいと思います。

TIPS 1絶えず十分なキャッシュフローを保有すること

     2~3年間、投資資産を現金化せずに、生活し、人生を楽しめるだけの現金あるいは現金性資産をキープすることで、心を落ち着けて、大抵のマーケットクラッシュを乗り切り、投資資産がクラッシュ前の価値を回復するのを待てる。

できれば、クラッシュ時に投資チャンスを利するために、 余裕現金をさらに多くキープし、待機させ、普段から、投資したい投資資産をリストアップしておくと、精神衛生上、なおさらいい。

米中の政治紛争に頭を抑えられるグローバルマーケット 2019年2月17日

2019年も、世界株式の急反騰後、第1四半期の半ばを過ぎて、これ以上強気にリスクオンを続けるには米中貿易交渉のゆくえに不透明感が多く、一服して、見守るしかない状況と言えよう。

プロの投資家は、2009年のリーマンショック直後以来の高い現金比率を維持し、株式のポーフォリオに占める比率も低く抑えている。

(恒例の2月のメリルリンチのファンドマネジャー調査)

来週は、注目の米国市場が3連休となるので、勢いよく反騰していた大手のテクノロジー株にとりあえず、利食いをしておこうという動きが見られている。

一方で、注目すべきは比較的利回りの期待できる先進国のREIT には、引き続き投資資金が流入していることである。利回りを求めてリスクオンの流れはしっかり続いているようだ。

個人投資家は足元のマーケットは気にせず、歴史を参考に

なんども言っていることだが、個人投資家は、長期展望に沿った自分のポートフォリオを維持することだけ考えていればいい。

昨年10月から年末までの急落相場でマスコミや評論家の話を気にして、慌てて、売った多くの投資家は今年初からの急騰場面には乗り損ねたことであろう。それが投資家心理というものである。

たまたま、超富裕層調査で「投資で金持ちになった人がしなかった間違い」に関する記事を読んだ。

その中のひとつに、周りの投資家の行動を気にして、付和雷同することの間違いを犯さなかったことが挙げられていた。彼らは、5、10、20年さらにその先をみて自分の投資方針を貫いてポーフォリオを維持してきた。

さらに、注目すべきは、そのポートフォリオを定期的にリバランスすることを忘れずにおこなってきたという。

もう一つ重要なことは、十分なキャッシュフローを欠かさなかったこと。 参考になる調査結果である。