グローバルマーケットウォッチ 2019年1月21日

手探りながらの買い姿勢 2019年1月21日

投資家が年末年始の休暇明けで、今週から本格的にマーケットに戻り、当初は慎重に成り行きを見守っていた。

しかし、世界の注目ニュース(ブレグジット、米中貿易戦争、先進国の金融政策、スローダウンする中国経済など)にあまりショッキングな進展がなく、一方で、四半期企業決算が予想ほど悪くはなかったので、やはりテクノロジー企業が安心できるのか、再び資金を振りむけている。

(先週から始まったCESー米国で開かれている消費者向けエレクトロニクスショーの影響もあろうが)

先進国株式だけでなく新興国株、高利回り債券など幅広いリスク資産に投資資金が戻ってきているのも安心感を与えている。

とはいえ、下げるときに比べ、ゆっくりゆっくりである。

まだおっかなびっくりといったところだろう。

ただファンダメンタルな世界経済に下押し圧力がかかっている状況なので、ブレグジット、米中貿易戦争、中国経済の成長率低下は成り行き次第では、大きな爆弾である。今のマーケットの堅調さは容易に吹っ飛ぶ。

正直言って、先は全く読めない。当面は見守る投資姿勢を勧める。

個人投資家はより先を見て

個人投資家目線で見た2つの注目記事。

一つは中国が来年、インドも10年以内に、GNPが米国を抜くだろうという調査結果である。新興国と先進国の区別はなくなり、投資という観点で、中長期的に新興国、特にアジア地域に注目すべきであるという

もう一つは、分散投資に関する記事である。

60(株式)/40(債券)ポートフォリオ分散が歴史的に黄金の分散投資と言われてきたが、昨年は、両資産ともマイナスとなり、分散投資の効果が発揮されなかった。

さて今年はどうかというと、短期間ではわからないが、

長期でこの分散投資を分析、過去100年近くのパフォーマンスを調べた調査結果に関する記事に注目した。

どの10年間以上を取っても、パフォーマンスがマイナスになったことは一度のないという結果である。さらにどの5年間を取っても95%はプラスということである。

やはり、この簡単な分散投資でも長期に維持すれば、安心して資産運用できるといえる。

個人投資家にとっては参考になる記事である。