グローバルマーケットウォッチ 2019年2月3日

1月としては最もパフォーマンスの良い年 2019年2月3日

2019年1月もあっという間に終わった。

戦々恐々の中で新年を迎えたが、蓋を開けてみれば、世界のリスク資産は大きく反騰した。特に、米国株価は1989年以来のいいスタートなった。

テクノロジー株の多い米ナスダック指数はインターネットバブル崩壊後の2001年以来の好調なスタートなった。

連日発表される企業決算は強弱まちまちといったところだが、心配された米国の金融政策が急に手綱を緩めたことで、安心感が広がり、テクノロジー株だけでなく、株式市場全体にじわりじわり(おっかなびっくり)ではあるが、資金が戻っている。

多少身構えていただけに拍子抜けし、ある意味びっくりしている。

足元では株式以外に高い利回り運用対象はない

しかし、よくよく考えてみると、投資家は株式を敬遠するとなると、運用資金の持って行き場所に困ることになると思う。

懐の大きな運用先は株式と債券であるが、債券は利回りが話しならないほどひくいので、現金代わりの短期の債券以外には運用対象にならない。

先週も書いたように、金やREITにも資金を振り向けてはいるが、大量の資金の受け皿にはならない。

従って、やはり株式市場に資金を持ってこざるをえないのではないか。

ここのところ、割安になった新興国株にも物色を広げている。

私なりに足元の状況でアッセトクラスをランク付けすれば、以下のようになる。

1 グローバル株式(先進国、新興国)➡️ キャピタルゲイン目的

2 グローバルREIT ➡️ 確定収入目的 

3 現金、短期債券 ➡️ 株式急落時の待機資金手当

4 ゴールド ➡️ ポートフォリオヘッジ目的

5 中長期米国国債 ➡️ ポートフォリオヘッジ目的

6 コモディティー

特に、REITに関しては、高い確定収入だけでなく、乱高下のリスクが以前よりも小さくなってきていること(リスクが低下)が見直されているとの指摘があることにも注目される。

従って、当面は再三、提示している以下のポートフォリオ構成が望ましいということになる。

長期資金(50%)は利回り確保狙い: グローバル株式/REIT

短期資金(40%)は流動性確保狙い: 現金と短期債ファンド

マーケット急落時のポートフォリオヘッジ(10%): 米国国債とゴールド