グローバルマーケットウォッチ 2019年2月17日

米中の政治紛争に頭を抑えられるグローバルマーケット 2019年2月17日

2019年も、世界株式の急反騰後、第1四半期の半ばを過ぎて、これ以上強気にリスクオンを続けるには米中貿易交渉のゆくえに不透明感が多く、一服して、見守るしかない状況と言えよう。

プロの投資家は、2009年のリーマンショック直後以来の高い現金比率を維持し、株式のポーフォリオに占める比率も低く抑えている。

(恒例の2月のメリルリンチのファンドマネジャー調査)

来週は、注目の米国市場が3連休となるので、勢いよく反騰していた大手のテクノロジー株にとりあえず、利食いをしておこうという動きが見られている。

一方で、注目すべきは比較的利回りの期待できる先進国のREIT には、引き続き投資資金が流入していることである。利回りを求めてリスクオンの流れはしっかり続いているようだ。

個人投資家は足元のマーケットは気にせず、歴史を参考に

なんども言っていることだが、個人投資家は、長期展望に沿った自分のポートフォリオを維持することだけ考えていればいい。

昨年10月から年末までの急落相場でマスコミや評論家の話を気にして、慌てて、売った多くの投資家は今年初からの急騰場面には乗り損ねたことであろう。それが投資家心理というものである。

たまたま、超富裕層調査で「投資で金持ちになった人がしなかった間違い」に関する記事を読んだ。

その中のひとつに、周りの投資家の行動を気にして、付和雷同することの間違いを犯さなかったことが挙げられていた。彼らは、5、10、20年さらにその先をみて自分の投資方針を貫いてポーフォリオを維持してきた。

さらに、注目すべきは、そのポートフォリオを定期的にリバランスすることを忘れずにおこなってきたという。

もう一つ重要なことは、十分なキャッシュフローを欠かさなかったこと。 参考になる調査結果である。