グローバルマーケットウォッチ 2019年4月6日

米国に集まりやすいグローバルマネー 201946

今週も、世界のリスク資産は堅調に推移した。

とりわけ、米国株、米国REITは連日、着実に上昇しているという印象である。

投資適格のグローバル資産全体を比較しても、債券も利回りは、欧州、日本とは比べ物にならないくらい高いし、REITのパフォーマンスも引けをとらない。

なによりも米ドルの基軸通貨としての地位が、ユーロの地盤沈下で、相対的安定性がますます強固になってきたことがグローバル投資家の注目している。

世界経済成長の牽引役、テクノロジーでも世界をリードしているという流れが見て取れる。

アマゾン(時価:1837ドル)が来年には3000ドル、再来年には5000ドルというアナリストの分析が話題になっている。

また、バンク・オブ・アメリカ調べ(2019/4/4現在)ではあるが、

米国の優良株式銘柄1社か2社合計で欧州各国の上場株式時価総額に並ぶというほどに、米国株式市場に世界の金が集中しているという事実である。

ドイツ:11880億ドル=アップル+ディズニー:11300億ドル

フランス:15510億ドル=アマゾン+グーグル:17380億ドル

スペイン:4120億ドル=フェイスブック:5030億ドル

イタリア:3230億ドル=JPモルガン:343億ドル

ポルトガル:220億ドル=ハーシー:240億ドル

など

(別の筋からの統計でも、運用難からかスイス国立銀行では米国株運用に875億ドル<約9兆円、2018年央現在>も積み増している)

欧州、日本、中国などと比較すると経済的、政治的に不安の少ない米国に消去法的にグローバルマネーが集まりやすい縮図が見て取れる。

来週に入ると、2019年第一四半期の企業決算発表が相次ぐので、投資家の関心がそちらに移っていこうが、トレンドしては米ドル、米テクノロジー株式、グローバルREITの流れは続くと見ている。

しかし、ボラティリティーが高まりやすく、売られやすい相場環境であることには変わりはないことだけは、念頭においておく必要がある。

先週はマーケットクラッシュに備えて:復習を確認したので、続きとして

マーケットクラッシュに備えて:TIPS 6 】
   定期的に確実な現金収入を生む資産をポートフォリオの中核に置く。


現金保有だけでなく、毎月とか3ヶ月ごとに定額な現金収入が入ってくれば、イライラすることなく、マーケットの戻りを待てた経験からのアドバイスである。

配当政策のしっかりした優良企業の株式(6カ月ごとの配当)、高利回り債券ファンド(毎月ないしは3カ月ごとの分配金)、REIT(3カ月毎の分配金)はマーケットクラッシュの際には価格下落はあるものの、配当や分配金はそう大きくは影響されずに支払われるものである。