グローバルマーケットウォッチ 2019年6月23日

今週の主役は米S&P500指数と金価格 2019623

米FRBがマーケットの予想通り、今後の利下げを示唆したことで、様子見から一転、買い相場となり、米株は今年2回目の史上最高値更新となった。世界株式もそれに引っ張られる形で上昇している。

世界の株式は米国株次第という構造が定着してしまっている中で、資産運用に照らして考えると、株式投資は米国一極集中の方が効果的ではないかと思わせる。

世界的に、金融緩和ムードとなっており、投資家にとって足元はいいことだが、一方で、世界経済の実体がどの程度悪化しているのかが今後の投資行動の足かせにもなる。

特に主要国の国債利回りは急低下、運用資産クラスとしての魅力がますます低下しているので、ポートフォリオの防御として、金資産にも触手を伸ばしたものとみられる。

今週、金価格は2013年以来の高値水準に買い進まれた。

個人投資家にとっては、金投資は確定収入がないので、分散投資効果以上のメリットが少ない。それよりも、債券の利回りに比べ、魅力のたかまっている株式配当利回りを充実させ、マーケットクラッシュの抵抗力と回復を待てる忍耐力をつけるほうがいいのではないか。

マーケットの次の関心事は、来週の日本でのサミットにおける米中首脳会談である。これが決定的に決裂ということになれば、いまのマーケットの楽観ムードはいっぺんに吹っ飛ぶ。

あまりいい結果は期待されてはいない、継続交渉になるのであればいいというのが大方の見方だ。

いずれにせよ、世界株式がさらに買い進まれる状況ではない。