グローバルマーケットウォッチ 2019年9月14日

急なリスクオンだが 2019914

 

金融緩和ムードのたかまり、地政学リスクの緩和で投資家心理がかなり良くなり、世界的に株式市場が再び、上昇しはじめた。

米株が史上最高値にあと一歩のところまで回復している。

 

消去法的に、株式しか今は魅力がない。

マーケットの懐の大きさ、流動性、そして今もっとも注目されているのは、値下がりリスクがあるとはいえ、配当利回りの相対的魅力である。

 

英国大企業100社の配当利回り:5.16%

豪州大企業      〃                  :4.64 

欧州大企業50社  〃               :3.65              

日本(TOPIX コア)〃           :2.7

米国高配当株50社    〃          :4.0%

 

もう一つの注目は金価格の堅調である。米ドルや株式市場が上向いても、金価格が堅調なのは以前と少し異なるように感じる。

マーケット変動へのヘッジのための金購入だけではなく、果てしなく続く、先進国中央銀行の通貨の乱発を危惧して、金保有需要が世界的に高まっているようだ。

 

しかし、個人や年金などの長期投資家にとってみれば

米中貿易戦争

来年の米大統領選挙

欧州の混乱

債券バブル

など大きなマーケットリスクが気になる。来年にかけて

どうしてもマーケットのボラティリティーが高まると見ておかねばならない。

 

著名な投資戦略家の1人も当面は、

第一に現金

次に金、銀、米長期国債、そして財務体質の強固な優良株(配当収入狙い)

を勧めている。私も同感である。

 

特に、現金性資産(現金、短期債券、金など)は最低3年分、最悪を予想するなら10年分。重要なのは十分な流動性を確保しておくことだと強調している。