グローバルマーケットウォッチ 2019年11月9日

株式資産の一人勝ちの様相 2019119

 

グローバルリスクが小康状態となっているため、投資家心理の改善が続いている。

米国株は史上最高値をさらに更新し、欧州も4年ぶりの高値、日本も年初来高値を更新した。

 

債券価格の下落、金価格の下落(債券と金から株式への資金移動)が投資家心理の更なる改善をしめしている。

 

リターン追求の資金が主に株式に向かっているようだが、インフレが一向に起きない中での未曾有の金融緩和の深掘りという未知の領域への不安は消えない。

 

余った資金は実体経済に回っていないようだ。

金融市場に流れ込み、利回り狩りに余念がないようだ。

何かのきっかけ(恐らくは債券市場の暴落)で株式市場のクラッシュが起こる。

その時の準備を片時も忘れてはいけない。

 

まずは心構え

1️⃣狼狽売りはしない。

2️⃣定期的な買いのチャンス

そして

3️⃣十分な現金資産を持つ

4️⃣格付けの低い債券は保有しない