グローバルマーケットウォッチ 2017年2月4日

トランプショーに慣れてきたマーケット 2017年2月4日

週初のマーケットは、トランプ氏のイスラム系諸国からの入国を禁止する大統領令や日中独の通貨安誘導への批判発言で、少し動揺したが、その後、好調な企業収益や経済ニュースを好感して、世界の株式市場は堅調である。
マーケットは、トランプショーやマスコミの過剰反応をだんだんと気にしなくなっているようだ。本当に気をつけるのは、米議会がトランプ政策とぶつかった時であろう。それはまだ先の話になる。
しばらくは、リスクオンのマーケットを期待しても良さそうである。
ただ、評論家は
(1)米新大統領の就任後の2月は、これまで80%も株式市場はマイナスであったというアノマリー
(2)欧州では2月以降9月まで英国のEC離脱交渉と主要国の選挙で大きな混乱の可能性
を気にしているが・・・