個人投資家が教訓とすべき投資教育ポイント 2017年3月12日

今回の投資教育ポイントー投資でお金を倍にする5つの方法 2017年3月12日

誰でもお金を投資して、早く倍に増やしたいと考えるものである。
専門家や私の経験からすると、資産運用の世界では、、大きく分けて、次の5つの方法がある。

(1)ゆっくり、じっくり増やす。
伝統的で、最もオーソドックスな方法。幾つかのアセットクラスへのリスク分散投資。例えば、優良株と投資適格な比較的安全な社債の50/50のポートフォリオで、過去100年の実績からすると、9年で倍になる。
(2)積立投資
毎月、一定額をある優良株に投資し続ける。ドルコスト平均投資法というが、税制の優遇を利用できる場合もあり、より安心である、
(3)逆張り投資のチャンスを待つ。
優良株といえども市場全体が急落したり、悪いニュースが出ると、極端に下がることがある、その時に、勇気を持って投資すれば、株価が早く倍になる確率は高い。
(4)最も有利な債券投資。
高金利の時に、ゼロクーポン債券に投資してもち続ければ、所得税も払わず、利子が自動的に再投資され、比較的安全に、投資額が早期に倍になる。
(5)レバレッジ投資
信用取引、デリバティブを使って、小さい投資額で大きな投資をする方法。タイミング間違えれば、すべての投資額を失う。心休まる時間がない。

私の経験からすれば、(1)と(2)は安心で、心配することなく、資産運用できるが、時間がかかり、面白くない。(5)は最もお勧めできない。
(4)は節税効果と複利効果で、リスクもなく、非常に効率的な債券投資だが、高金利の時に始める必要があり。当面は、チャンスがなさそう。
(3)は不断の勉強と忍耐でリスクは低減できるし、面白い。いわゆる、ウォーレンバフェット流株式投資である。私のケースだと、グーグル、アップル、スターバックスの大きな値下がりをじっくり待って、投資し、持ち続けて、ひと財産になっている。
(小生ホームページ「株式投資ガイド」参照)