個人投資家が教訓とすべき投資教育ポイント 2017年7月30日

今週のアドバイスー現金ポジションを高めておきたい 2017年7月30日

5月末に大きな病気になり、2ヶ月の闘病生活となりました。

幸い、この間、マーケットは大きな変動はなく、日本株は2万円を行き来し、特に世界の株式市場を引っ張る米国株は史上最高値を更新し続けている。
金利は歴史的低水準を維持し、インフレは低いままだし、失業率も低い、世界の経済成長率は低いが着実に伸びています。
経済的な懸念材料は少ないが、世界の投資家は長期にわたり、株式で利益を上げてきただけに、現在の水準に警戒心を持ち続けている。

特に、米国株を引っ張る一部の技術革新株の一挙手一投足に注目が集まっている。今週もアマゾンの収益が少し期待以下だったことで、
米国株式市場は大きく変動している。

しかし、現在の強気市場がいつ、終わるのか確信が持てない。むしろ、まだまだ続くのではと思っているようだ。私もそうだが、今の上昇の背景に、米国の技術革新企業がリードする第3次産業革命があるのではないかと考えているからである。
いずれにせよ、今は、ついていくしかないというのが、大方の見方であろう。しかし今の状況は、何か大きなイベントがあれば大きく下がると考えるべきであろう。

その時に、世界の技術革新株を買うチャンスが来ると考えるべきであろう。
そのための現金ポジションを準備する時期ではないか。