個人の国際分散投資に役立つアドバイス  2017年10月28日

今週のアドバイスー米テック株の予想外好決算が世界の株式を牽引 2017年10月28日

米国の驚異的な株高を懸念する声が増える一方で、それを吹き飛ばすかのように、専門家の予想を根底から覆すような好決算の発表で、一気に株高が進んでいる。

特に、米国のテクノロジー株をもたらざるリスクを思い知らされることが起きている。
先週末の米国市場は米国のテクノロジー株の多いナスダック指数が1日の上げ幅としては2年来の大幅なものとなり、大いに賑わった。
典型は、アマゾンであった。第三四半期の1株あたり利益のアナリスト予想がほぼゼロだったのが、蓋を開けてみれば大幅増益だったことである。
アナリストは何をしていたのだろうかというくらいの超的はずれの結果だったので、1日で13%も上昇するという爆発的なものとなった。グーグルとの1株1000ドル競争で、一気にグーグルを抜きさった。
他のテクノロジー大手、グーグル、マイクロソフト、インテルの決算もアナリスト予想を大きく上回る結果となり、4~8%の上昇率となった。

米国の株式市場は第4次産業革命を具現化するような様相といえよう。まさに、先週、投稿したようにパラダイムシフトを彷彿させるものである。

株式の高値続きを警戒する必要があるとはいえ、代替資産の債券のリスク/リターンとの比較では、まだまだ優位であり、上記のような予想外の展開があると、株式を待たざるリスクがより一層、意識されよう。
来週以降、日本株をはじめ、他のグローバル市場も追随する展開になりそうだ。