個人投資家の国際分散投資に役立つアドバイス 2017年12月30日

今回のアドバイスー来年のマーケットの予想はしない。2017年12月30日

今週は、クリスマス休暇明けと年末とあっていたって静か。
世界の投資家は来年早々のマーケット、特に米国市場がどっちに動くか、それによって当面の方向性が決まるとおもっている。
長年の経験で、いくら一年を予想しても。そのようはならないので、予想はしないほうがいいし、専門家の予想(これは仕事なので何か言わなくてはならないので仕方ないが)も聞き流したほうがいい。

そういったら身も蓋もないので、私の考えている来年の方向性みたいなものを整理してみると
(1)テクノロジーの進展周辺の出来事がつづき、投資家はそれに振り回されよう。高値づかみは避けたほうがいい。
(2)不安定な国際政治が時折、マーケットを揺り動かそう。余程のことがない限りマーケットへの影響は長つづきしないので、動揺しないことである。
(3)静かすぎるマーケットへの不安感を感じるので、十分な現金と金を保有すべきだと考えている。

以上がこれが私の考える2018に向けての印象である。
年初には、グローバル投資家との議論を踏まえてより具体的な投資戦略をまとめてみたい。