個人の国際分散投資に役立つアドバイス 2018年1月21日

今週のアドバイスポイント 2018年1月21日

仮想通貨の値崩れは株式への信頼を増したのではないか

仮想通貨が半値に大暴落し、投資家心理の不安定が株式の値下がりにつながることが心配された。しかし、世界株式は、逆にその信頼感を増す形となり、だぶつく余剰資金がさらに流れ込み、欧米、新興国は史上最高値を更新し続けている結果となっているのではないか。

日本のサプライズ的金融引締めに注意

世界のマーケット関係者の警戒は米欧の中央銀行の金融引締めにあり、今のところ、日銀がすぐには金融引締めに転換するとは誰も考えていないだろう。
しかし、それこそサプライズで、世界の投資家が現在のマーケットのサプライズ的リスクをあげるとすれば、日銀の金融引き締めへの転換の発表である。
米国の中央銀行の動向以上に重要であると考えられている。

当面の世界の株式の調整はあっても20%くらいのヘルシー(緩やか)なものになろう。

現在の世界経済の成長、企業収益力、テクノロジーの進展を考えると何かのショックで、株式市場が大きく下落しても、極めて緩やかな(10~20)%ダウン程度におさまると考えてもいいのではないか