グローバルマーケットウォッチ 2018年5月27日

投資家のより多くの関心は堅調なグローバル経済にある 2018年5月27日

世界の株式は、第二四半期の決算発表シーズンがほぼ終わり、
関心は米中貿易問題や、地政学関連のニュースに移りつつあるが、実際のところ、これらのニュースにはほとんど反応せず、高値圏を維持している。
トランプ大統領が突然、米朝会談の中止を発表しても、マーケットはほとんど反応しなかった。

米金利の上昇には敏感ではあるが、インフレの状況から判断して、景気を押し下げる水準とは見ていないようである。

多くの投資家の心理の根底には、米金利の上昇よりも堅調なグローバル経済、とりわけ技術革新がもたらす第4次産業革命の存在が重要な位置を占めているように思う。

その意味で、私は次の2つのETFの値動きに注目している。
一つは
Vanguard Information Technology ETF (VGT)である。
FANNGと言われる米国の巨大テクノロジー株だけで保有の40%を占める。
もう一つは
iShares North American Tech-Software ETF (IGV)である。
より幅広い米国のテクノロジー株を保有している。

両方とも、全体の指数とは違ってほぼ最高値圏で推移していることに投資家動向が表れているように思う。