グローバルマーケットウォッチ 2018年6月17日

まだまだ続く米国優位  2018年6月17日

今週も、賑やかなヘッドラインニュースに邪魔されつつも、米テクノロジー株主導(米ナスダック指数の史上最高値更新続く)の上昇マーケットとなった。

米朝首脳会談ショー、主要国中央銀行の金融政策決定会合、貿易戦争などに関心を寄せながらも、投資家は米テクノロジー株買いを続けた。

現在、市場の注目は堅調な企業収益とグローバル経済のファ ンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)に向かっているが、それは基本的にはインフレが抑えられ、主要国の金融政策が緩和的であることが背景にある。

しかし、今年末に欧州が金融緩和を打ち止め、日本もこれに続けば、今のグローバルマネーの流れ、すなわち米国への資金の流れに変化が生じ、米国株の独歩高が終わることも考えておく必要があろう。
しかし、それはまだ大分先の話であろう。

当面、私がグローバル投資資産の期待利回りを高い順に並べると次のようになると考えている。
1. 米国株
2. 米国債券
3. 新興国債券
4. 米国REIT
5. 新興国株
6. 欧州株(ドイツ)
7. ゴールド
8. 日本株
9.. 欧州REIT
10. 日本REIT