グローバルマーケットウォッチ 2018年7月15日

米国に向かうグローバルマネー、当分続こう  2018年7月15日

先週のマーケットは、私も驚いたほど、米テクノロジー株が急騰した。
あっという間に、米ナスダック指数が史上最高値をさらに更新した。
米国だけでなく日欧の株価指数も、引っ張られるように上昇し始めている。

その理由として
(1)一つには、このところマーケットの大きな重しとなっていた米中の貿易摩擦が、ある程度織り込まれてきたことがあげられる。つまり、さらにエスカレートして、貿易の総額に関税が掛けられても、両国のGNP合計をわずか0.25%程度減少させるにとどまり、世界経済の成長に対する悪影響は限定的である。
(2)二つには、マーケットがそれ以上に、現在進行中の技術革新がもたらす第4次産業革命が世界経済の成長を格段と高める可能性が高いと評価している。
(3)さらに、マーケットの関心が順調な世界経済を具現化する第二四半期の企業決算に移りつつある。

などがあげられる。

世界の投資家は、株式に対する強気を改めて認識したのであろう。とりわけ、世界を見渡しても米国以外に有望な投資先はなかなか見当たらないと考えているようである。
分散投資をする上でも、有望テクノロジー企業の豊富さ、債券利回りの相対的高さ、不動産REITなど有望な投資先が多い。
ドル高に見られるように、世界の資金は明らかに米国へ向かっている。