グローバルマーケットウォッチ 2018年9月15日

今日はリーマンショック10周年の日 2018年9月15日

歴史はそのまま繰り返すわけではない

今日、9月15日はちょうど10年前のこの日に米大手投資銀行リーマンブラザーズが破産宣告した記念日。この日を機に、あっという間に世界的な史上最悪の金融危機となった。
世界経済は不況に陥り、6か月間で世界中の株価が半分になった。

今週はこのリーマンショッックに関連する記事や分析が多く見受けられる。
歴史を勉強することはいいことだが、単純に10年経ったとか、経済成長が過去の最長期間をうわまわったからで、同じようなことが起こるかはわからない。
大きなクラッシュが起こるのはそう遠くないと判断するのは間違いである。

歴史は危機感のいい警告になる

それでも歴史は役に立つ。現在のどの面に前例がないのかをはっきり示してくれるからだ。
それはまた危機感を持つべきだという警告にもなる。

このところ、多くのマーケットの専門家が、上昇相場の終わりが近いとかクラッシュ時の投資戦略とか、投資家の危機意識を煽り、関心を引き寄せているように思う。

良識ある投資家は、そのようなコメントに悪影響されないように、いつも自分のポートフォリオが長期的な資金計画に合致しているかを確認することである。

例えば、5年以内に十分な現金が必要なら、株式をあまり多く持ってはいけないだろうし、現金が必要なのは10年以上先であるなら、株式の比率は高くてもいい。

リスクは投資家の心にある

景気後退、大きな株価下落はそう長くは続かない。その後の景気回復、株価上昇は比較的長い。
投資家は当面のリスクよりも、その先の長期的なリターンに照準を合わせてポートフォリオを組んでおけば安心した気持ちで資産運用ができる。

リスクは投資家の心にある。株価の急騰、急落に過剰反応し、ミスを犯し、損をする。