グローバルマーケットウォッチ 2018年10月13日

急速に資金が戻った米テクノロジー株  2018年10月13日

昨夜、米テクノロジー株のETFの押し目を買おうと思い、ニューヨーク市場が開く前から、気配値をチェックしていたら、かなり上昇していたので急遽、購入をやめた。
前日までに、高値から10%程度、落ちていたので、いわゆるCorrection(調整局面)という一つの目処に達していた。

もちろん、世界株式の混乱がこれで収束したと結論付けるのは早すぎるが、
今週に入っての10/10,11日、二日間の急落はその前からの、今年に入っての米テクノロジー株の急上昇に対する警戒感が米長期国債利回りの急上昇をきっかけに一気に沸騰したというのが実情ではないかと思う。
したがって1週間もすれば、急落前に戻っているのではないか。

関心は米企業決算発表へ

世界経済、とりわけ米国経済の好調さは何も変わっていない。
米長期国債の利回りも3.15%近辺に低下し、インフレ高進の兆候は全く見られない。

来週からは、好調が予想される第三四半期の米企業決算発表が続き、マーケットの関心はそちらに向くはずである。
何よりも、長期的トレンドである第4次産業革命が引っ張る世界経済の価値創造に我々投資家はより注目すべきである。

個人投資家は動揺するな

短期的なマーケットの懸念材料である米中貿易摩擦のさらなる悪化、中国をはじめとした新興国経済の不安で今後も世界株式の10%程度の調整は起こりうる。
それが、20%を超えるような弱気市場に発展するには、米国をはじめとした世界景気の悪化によって引き起こされる必要があるが、今の所、その兆候はないと言っていい。
長期的観点に立てる個人投資家は
(1)足元のマーケットは気にしない。
(2)ウォーレンバフェット氏の言うように、皆がパニックになっている時こそ、投資を増やす。
(3)この機会に、無駄遣いをチェックして改める。
ことをお勧めする。