グローバルマーケットウォッチ 2018年12月9日

投資家が隠れる場所がどこにもない 2018年12月9日

今年も余すところ1ヶ月弱となったが、大手の欧米金融機関の調査によると、株式、債券、コモディティー、不動産、金などの70の資産分類の90%が年初からのパフォーマンスで、米ドル換算ではマイナスとなっているという。つまり、投資家のほとんどが分散投資をしていても評価損になっているということである。

驚くべきことに、同調査によると、こんなことは我々がまだ生まれていない1920年以来のことであるという。

1920年といえば、第1次世界大戦終了後のデフレの真っ最中である。

1900年代後半からは、資本主義が発展し、米国の株式資産を中心とした国際分散投資が資産運用の王道として、これまで半世紀近く投資家を潤してきた。

それが、今、リーマンショック後の世界的な未曾有の金融緩和の転換点にさしかかっており、資産運用の王道を揺るがす2018年のパフォーマンスによって、これからの未知の領域に対する不安感が増幅している。

おまけに、世界の株式市場をリードしている米国がトランプという

指導者によって、撹乱されており、10年間続いた株式の世界的上昇相場もいよいよ終わりかと、投資家心理がますます悪化している。

個人投資家はあくまでも長期の投資を

昨今の乱高下の激しい株式相場は、巨額の資金を動かす機関投資家のコンピューターを駆使したシステムトレーディングによって引き起こされている部分も多い。世界のマーケットがトレーディングの場となってるのではないか。

とても個人投資家が予測もついていくことも不可能である。巻き込まれてはいけない。

「彼ら(機関投資家)は短期のトレーディング、我々(個人投資家は)は長期の投資」という立場の違いをはっきり認識して、行動することが重要である。

現在の低利回りの投資環境においては、個人投資家にとって株式の長期投資に勝るものはないという方針を貫くべきであろう。

マーケット環境がどう動こうが、長期資金は株式、1年未満の短期資金は現金あるいは短期債券、そしてボラティリティー対策として米国国債(10年もの)と金でこの荒れた市場環境を乗り切ることをおすすめしたい。