グローバルマーケットウォッチ 2019年11月16日

地政学リスクの邪魔が少ないだけ 20191116

 

グローバルな地政学リスク(特に米中問題)の邪魔が極めて少ない。企業決算は概ね良好、世界的に消費動向順調などファンダメンタルデータが見直されている。

 

専門家のコメントもどちらかというと、短期的(すくなくとも年内)には楽観論が増えてきている。

(例えば、今度の景気後退は、リーマンショックの時のようなひどい状況にはならないだろう。したがって株価下落も浅いものとなろうというように)

 

特に、ボラティリティーが極めて低い(VIX指数が最近の最低水準)ことで投資家心理は完全にリスクオンに向いている。

多くにヘッジファンドが、乗り遅れまいと、貯め込んでいた現金ポジションを株式に移したと報じている。

 

株式でリターンを稼ぎ、REITで現金収入を稼ぐ。

 

リード役の米株式は、ずべての平均指数が史上最高値を更新し続けている。(米ダウ30種平均が週末、史上初めて28000ドルを超えた)

 

年初来リターン

 米ダウ平均  +20

 米SP              24

 米ナスダック +29

 日経ダウ   +18

 ドイツダックス+26

 新興国    +9.6

 

 米REIT           22

   REIT           21

   欧州REIT        22

   REIT           20

   アジアREIT   17

 

一方で、個人的には、異常に低いボラティリティーに不気味さも感じている。

急にボラティリティーが高まり、マーケットが急落することがよくあるからです。

しかし、上昇し続けるマーケットはないことも事実です。

反転の時期は誰にもわかりません。

常にマーケットに参加していることが重要です。

 

十分な現金性資産を持っていれば、冷静にもどる(マーケットは必ずもどるということは、歴史的に何度も証明されている)時期を待てるし、バーゲンハンティングのチャンスでもある。

何の心配も要りません。