グローバルマーケットウォッチ 2020年1月18日

株式市場はFOMOの様相 2020118

 

今週は、グローバル経済にとっての最大の懸案であった米 中の貿易交渉の第一段階がやっと調印にこぎつけられたと いうことで、マーケットはそれをまずは歓迎し、世界の株 式は総じて上昇した。

米国、欧州は史上最高値をさらに更新した。

ただ、 FOMO(Fear of Missing Out, 乗り遅れたくない)の様相 で、買い急ぎの感がする。

ファンダメンタルな裏づけがなく、急上昇するのは好まし くない。

来週から、昨年第四四半期の決算が続々、出てくるだろう が、まだまだ良い内容にはならないだろう。

昨年は、決算が悪いにもかかわらず、VALUATION(株価収 益率)が拡大し、世界の株式資産は軒並み大きく上昇し(+20~30%)。ある意味、予想外であった。

今年の企業業績は回復すると見られているが、すぐにはそ れほど高い増益率になるとも思えない。 期待外れになった時は怖い。

ただ、明らかなことは

再々書いていることだが、投資をしてそれなりのリターンをあげるには株式しかないという投資環境であるということである。

今は、マーケットについていくことが賢明であろう

一方、米中問題、ブレグジット、中東情勢などの地政学リスクも 残っているので、なにが起きても驚かない心構えをしてお かないといけない。

先週も書いたが、5~10%の株価調整はいつおきてもおか しくない。その時は、用意しておいた現金ポジションで、バーゲンハンティングをすればいい。