グローバルマーケットウォッチ 2020年2月16日

世界の株式をリードする米テクノロジー株 2020216

 

中国を除けば、世界の株式は、新型コロナウイルスの影響をほとんど受けていないように見える。

とりわけ、米国株は、世界のマネーが米ドルに集まっていることから、極めて強い。ダウ30種、SP500, ナスダックの各指数は、今週いずれも史上最高値を更新した。

テクノロジー株の多いナスダックは、年初来すでに8.5%も上昇しており、テクノロジーがリードする米国株式市場を如実に示している。

年初来上昇率(2020/2/14現在)

 米国

  ダウ平均:3

  S&P500:4.6%

  ナスダック+8.5%

 日経225:+0.1%

 ドイツダックス:+3.7%

 中国上海総合:-4.4%

 新興国指数:-1.2&

 グローバルREIT指数:+4.2%

 ゴールド:;+4.4%

世界の生産、消費活動はこの先さらに低迷するかもしれないが、世界の流動性はまだまだ十分であろう。それが、資産クラスの中でもっとも期待リターンの高い株式資産に流れているのはほぼ間違いなかろう。

新型コロナウイルスの感染拡大、致死率の増加についてはまだ予断をゆさない。また、今後の企業決算に多大な影響が出ないとも限らないので、油断はできない

先週も書いたが、10%くらいの調整はいつ起きてもおかしくはないので、十分な現金資産とか金の買い増しをお勧めしたい。