グローバルマーケットウォッチ 2020年2月22日

パニックに陥らないように 2020222

 

週末、さすがの米国株も下げらしい下げを見せた。株式から安全資産と思われる金と米国債(米ドル)に資金が大量に流れた。

私は、この動きは、一時的だとみている。

足下は、新型コロナウイルスがまだ収束を見せる状況ではないので、実体経済へのマイナスが現実になりつつあり、殊更にリスクが意識されている。しかし、一旦収束の動きともなれば、即座に、リスクオンになると見ているからである。

現在の投資環境は、株式資産以外に十分な利回りをあげることができない。この状況は金利が上昇しない限り続くと見ている。私は、今のインフレ状況から見て、当分金利が上昇するとは思えない。

あのノーベル賞経済学者のシーゲル博士もこうした投資環境に鑑みて、最近、過去長きにわたって、推奨してきた黄金のポートフォリオアロケーション(株式60%:債券40%)を今後しばらくは株式75%:債券25%に変更したほうがよりよいパフォーマンスを得られるだろうと言い出しているという。

また、著名なプライベートバンクのストラテジストの多くも、株式資産は、少なくとも今後5~10年、変動は激しくても、それを耐えれば、いいパフォーマンスを上げられると推奨する。

また、米国株が大分高くなったので、グローバルに分散された株式ポートフォリオ(とりわけアジアの新興国株式)のほうが安心であるともいうが、リスク分散に重きを置く投資家にとってはそうだろう。