グローバルマーケットウォッチ 2020年3月8日

歴史に学んで、動揺しない 202038

 

今週も、先週にも増して、グローバル株式、とりわけ米国株式がローラーコースターのように大きな上げ下げを繰り返した。

結局は、先週末とそう変わらない水準で終わっている

世界の投資家のコロナウイルスに関するニュースに敏感に反応している心理がそのままマーケット動向に反映されているようである。

マーケットの関心はコロナウイルス一色になっている。

こんな時に、冷静にしているというのは無理があるだろう

(個人的にも、米国出張を取りやめた)

参考になるかもしれないアドバイスを2点、挙げておきたい。

(1)過去のパンデミックと言われた、MARS, SARS,

  さらにはずっと昔のスペイン風邪における致死率は世 

  界人口の3%であった。その時でさえ、株式市場は 

  10%くらいしか下がらなかった。

  今回のコロナウイルスの致死率はずっと低い(統計に

  嘘がないとすれば)   

  足下、グローバル株式はすでに高値から10%以上下げている

(2)こういう時にはどう気持ちをコントロールするか

  ⒈ なにが不安なのかよく考えてみる。

   (信用でもやっていない限り、具体的な不安は少

    ないのでは) 

  ⒉ ニュースの見出しをいちいちみない。

  ⒊ 大きな投資行動に動く前に24時間待つ