グローバルマーケットウォッチ 2020年11月8日

予想外に早く、動いたリスクマネー 2020118

世界のリスク資産が予想外に早く、立ち直りを見せた。

今週のパフォーマンス(%)

S&P500 7.3

米ナスダック +9.0

日経平均 +5.8

ドイツ株 +7.9

英国株 +6.0

新興国株 +6.2

グローバルREIT +5.0

米国REIT +4.7

日本REIT +3.5

 +3.9

足元の2大リスク要因の米大統領選挙の混沌、世界的コロナ感染の猛威の中にもかかわらず、行き場のない緩和マネーが今や人間の心理(イールドハンティングとFOMO)に左右され、マーケットは一気にリスクテイクに動いた感じだ。

私の予想だが、欧米の個人投資家が痺れを切らして、動き、ファンドも追随したのではないか。

物色の中心はやはり、テクノロジー、ヘルスケアー、E-コマースといったセクターで、割高に見えるが、これからのニューエコノミーで予想される付加価値を先取りする形でバリュエーションを高めている。

さらに、今後も続く金融緩和の拡大を見越して、インフレにも対応する動きも見られる。金や世界の不動産市場にも資金が流れ込んでいる。

今やグローバルスケールで揺れ動く投資家心理によって、ボラティリティーはますます高まることは避けられない。

怠りなく、それに耐えうるポートフォリオを組んでおく必要があるのはいうまでもない。