グローバルマーケットウォッチ 2020年11月29日

ニューマネー流入に押し上げられる株価 20201129

今週は、世界的に株式をはじめリスク資産は極めて堅調だった。

感謝祭週間の米国は、史上最高値をまたもや更新、ダウ平均が初めて30000ドルを超えた。日経ダウも29年ぶり高値を連日更新した。

足元はコロナ感染第3波、景気悪化など悪いニュースばかりだが、株価は先を見ていると評する専門家が多い。

しかし、主因はニューマネーの流入につきるのではないかと思っている。

企業(格付けの低い企業も)の社債借入の急増、自社株買いの連鎖も追い風になっている

当面はこれについて行くしかないのではないか。

逆にワクチン開発、コロナの終息、インフレ再燃ともなれば、金融・財政政策が正常化され、このコロナバブルもいずれ終焉しよう。

いつ来るかは誰も予想できないが、ただ、賢く備えることはできる。

どう備えるかは、当ブログで何回も書いているので、参照していただきたい。

現実にバブル崩壊が起きた時に、アクションする最も重要なことはバーゲンハンティングであると思っている。

そのために事前にリストを準備して備えておくことが欠かせない。