グローバルマーケットウォッチ 2021年1月17 日

”Buy the Dip”(下げを拾う)投資家 2021117日 

2021第2週のマーケットは、米国の長期金利の上昇(期待インフレ率が2%超えてきた)を気にして、先進国の株式は

総じて利食い売りに押された。一方、新興国は着実に上昇を続けている。

短期的には株式は、上図のように2000年のネットバブル崩壊時のように、絶頂感を感じているので、投資家は警戒している。

しかし、先を見れば、株式資産はウルトラ金融緩和、財政支援が続くこと、そして何よりも、債券資産に比べると、リスク/リターン比較で圧倒的に有利な状況にあることで、戦略的に強気になれる状況である

これがこのところ、米国株式で頻繁に起きている”Buy the Dip”(一時的な下げを拾う)現象の背景であろう。

S&P500種株価指数は昨年10月以降に認識できる下落局面が6回あったが、それぞれの下げ幅が4%を超えることはなく、その後に大きな上昇局面が訪れた。この間に指数は16%上昇した。

このように、相場のモメンタムを追いかける投資家が増えている。

コロナ感染拡大、雇用情勢の悪化、上昇気味の金利の中で

より上下変動が激しいながらもリスクオンの市場が続く見ており、心配していない。

2021年の有望ETF

(4)バイオテック関連

     (XBI) SPDR S&P Biotech ETF

   (IBB) iShares NASDAQ Biotechnology ETF

“Buy the Dip” Investors

In 2021 Week 2 market most of the developed stock markets was pushed by profit-taking, worrying about rising US long-term interest rates (expected inflation rate has exceeded 2%)

Meanwhile, emerging markets are steadily rising. 

Investors are wary of stocks in the short term, as they feel climax, as in the 2000 net bubble burst, as shown above.

But looking ahead, equity assets are strategically bullish due to continued ultra monetary easing, continued financial support, and above all, an overwhelming advantage in risk / return comparisons compared to fixed income assets is a situation that get used

I guess this is the reason why the United States stock market have had frequently “Buy the Dip" happening in the phenomenon background.

The S & P500 Index has had six recognizable downturns since last year October, but each decline did not exceed 4%, followed by a major uptrend. During the time the index rose by 16%.

In this way, an increasing number of investors are chasing market momentum.

Amid the spread of corona virus infection, worsening employment situation, and rising interest rates, the risk-on market is expected to continue even though fluctuating more rapidly.

I do not worry about the market as a whole.

2021 Promising ETFs

(4)Biotech Related

     (XBI) SPDR S & P Biotech ETFs

   (IBB) iShares NASDAQ Biotechnology ETF