グローバルマーケットウォッチ 2021年2月21日

自分にとっての居心地のいいポートフォリオ 2021221

今週のグローバルリスク資産市場は米国の長期金利の上昇に頭を抑えられた感じである。

しかしながら、投資家の買い意欲はまだ旺盛のようで、下値抵抗力は根強い。

しかしながら、マーケットは、最近のロビンフッド騒ぎ、ビットコインの異常な急騰、SPAC(空箱ファンド)の上場ラッシュとバブルそのものを想起させる状況を見せつけている。

投資家の多くが、少なからず恐怖感を覚え、近い将来の大きな調整局面を警戒し、キャッシュポジションを高めておきたいという衝動に駆られるのは無理もない。

とはいえ、最近の大きな調整局面は短期で終わり、結局はマーケットに戻り遅れ、タイミングを失するケースが多い。多くの場合、結果的に何もしない方がよかったことになっている。

要はマーケットから遠ざかるのではなく、自分にとって居心地のいいポートフォリオ(資産配分)は何かよく考え、あとは何もせず、放っておくことが一番いいのではないか。

個人の長期投資が成功するのは実につまらないものである。ペンキが乾くのを待つようなものであると米国の高名な投資家の言葉を思い出す。

今のような、ちょっとついていけないマーケットではじっとしていることが最適だろう。

そういう意味で、先週、次の危機に備えるシンプルなポートフォリオを提示した。

先進国株式ETF20

新興国株式ETF20

短期米国債ETF 20

ETF             20 

グローバルREIT : 20

これが、私の当面の居心地のいいポートフォリオということになるでしょう。

居心地のいいポートフォリオは人それぞれの資産総額、リスク許容度で色々だと思います。

自分にとっての居心地のいいポートフォリオをぜひ考えてみてください。

 

A Comfortable Portfolio for You  February 21, 2021

This week’s global risk asset market feels restrained by rising US long-term interest rates.

However, investors’ willingness to buy is still there and the resistance to lower prices is strong.

However, the market is showing a situation reminiscent of the bubble itself by the recent RobinHood turmoil, the extraordinary surge in Bitcoin and the SPAC (empty box fund) listing rush.

It’s no wonder that many investors are not a little scared, wary of major adjustments in the near future, and urged to keep their cash positions high.

However, recent major adjustment phases often end in a short period of time, eventually losing timing to return to the market.

 In many cases, the result is that it was better not to do anything.

The point is, instead of moving away from the market, it is best to think about what portfolio (asset allocation) is comfortable for you, do nothing else, and leave it alone.

The success of a long-term investment by an individual is really boring. It reminds me of the words of a well-known US investor that it’s like waiting for the paint to dry.

It’s best to stay still in a market like the one you can’t keep up with.

In that sense, last week we presented a simple portfolio to prepare for the next crisis.

Developed ETFs: 20%

Emerging ETFs: 20

Short-term US ETFs: 20

Gold ETFs: 20

Global REITs: 20

This will be my comfortable portfolio for the foreseeable future.

I think that a comfortable portfolio varies depending on each person’s total assets and risk tolerance.

Think of a portfolio that is comfortable for you.