グローバルマーケットウォッチ 2021年5月30日

慎重なリスクオン 2021530

マーケットに陰を落としていた高インフレ懸念が和らいできた。

米国株は史上最高値圏を維持し、欧州は史上最高値を更新している。テクノロジー株が表舞台に戻ってきたことが牽引した。

しかし、マスコミが喜びそうな投資リスクも目白押しである。

(1)行き過ぎの過剰流動性

(2)高すぎる株価評価

(3)一部の米国成長株への集中投資  

  (米国株の時価総額はMSCI世界株全体の56%を占め    

   英国、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、イタリ

   ア合計を上回る。)

(4)楽観的すぎる経済見通し

などで、リスクオンの投資をどんどん続けずらい。

重要なことは、投資家が第一に考えなければいけないことは、投資リスクを抑えることである。儲けることは次に考えることである。

しかし、リスク分散が難しくなっている。

伝統的な株式とは逆相関の金、円、スイスフラン、暗号資産が株式と同じ動きをするケースが増えてきているためである。

それでも、当面は、リスク分散をはかりつつ、慎重なリスクオンを続けざるを得ない。

そのためにも、過熱マーケットでFOMO(乗り遅れ不安)に陥らず、マーケットクラッシュ時にパニック売りをしないように、次の点を留意していただきたい。

 

(1)リスクを煽るニュースはマスコミが喜ぶもの、SNSな

   ども無視し、常に中長期に意を向ける。

(2)日々のポートフォリオ評価をせず、自分の長期的投資   

   プランの沿ったポートフォリオのパフォーマンスを

   考える。

(3)インデックスファンド等のドルコスト平均法投資を

   続ける。

(4)大きく下げた時に買う。

Cautious risk-on  May 30, 2021

Concerns over high inflation, which had cast a shadow over the market, have eased.

US stocks remain at around record highs and Europe hits record highs. The return of technology stocks to the front stage was the driving force.

However, there are many investment risks that the media may be happy with.

(1) Too Excessive liquidity

(2) Too high stock price valuation

(3) Concentrated investment in some US growth  

     stocks

    (Market capitalization of US stocks accounts for  

     56% of all MSCI world stocks, more than total of 

    UK, Germany, France, Italy, Russia,Italy)

(4)Too optimistic economic

Under which circumstances investors would hesitate to continuously  invest in risk-on.

Importantly, the first thing investors have to think about is reducing investment risk. The next thing to Making  money is the next thing  to think about.

However, risk diversification has become difficult.

This is because there are increasing cases where gold, yen, Swiss francs, and crypto assets, which were inversely correlated with stocks, have recently correlated with stocks.

Nevertheless, for the time being, we have no choice but to continue cautious risk-on while trying to diversify risks.

To that end, please keep the following points in mind so that you do not fall into FOMO (Fear of Missing Out) in the overheated market and do not make panic

selling when the market crashes.

(1) Ignore the near term risk news that the media and SNS are happy to inflare and pay attention to the long term prospects 

(2)Do not evaluate your portfolio daily.

 Think about your long-term investment performance in line with your plan

(3)Continue to invest in index funds by the dollar cost averaging method 

(4) Buy the big dip