グローバルマーケットウォッチ 2021年6月20日

金融環境の変化始まる? 2021620

今週のFOMCで、米FRBはとうとう、金融政策の出口を公言した。

案の定、マーケットは拒否反応を示し、グローバルに株式、REITが前週比2-3%下落した。

しかし、債券市場はほとんど無反応であった。

相対的にマーケットは極めて冷静に受け止めているという印象である。

 

米政策当局が今後、経済活動がさらに改善、そしてインフレーションの高まりを警戒し、金利を正常に戻すということである。

 

金融政策が多少引き締め方向に転換し、当初、株式は売られても、早晩、実体経済の成長を反映するはずである。

いい買い場と判断した方がいい

 

今年後半以降、気迷いなマーケットが予想されるが、投資家は中長期の観点に立ち、実際に金融政策が変更されても、あまり動揺せず、次のように対応することを勧める。

 

(1)株式を売り逃げようとしない。最高のインフレヘッジ

   になる。

(2)ディフェンシブ株ではなく、成長株、金融株を保有す

   る。

(3)長期の債券は保有しない

(4)現金を持ちすぎない。短期債を保有する。

Will the financial environment begin to change?  June 20, 2021

At this week’s FOMC, the Fed finally announced the exit for monetary policy.

Sure enough, the market responded negatively, with global equities and REITs declining 2-3% from the previous week.

However, the bond market was almost unresponsive.

I have the impression that the market is relatively calm.

 

US policymakers are wary of rising inflation by the further improvements in economic activity and will return interest rates to normal.

 

When monetary policy has turned a bit tighter,  stocks should initially be sold, but sooner or later reflect the growth of the real economy.

You should judge it as a good chance  to buy.

 

Although the market is expected to be uncertain for the latter half of this year, investors are encouraged to take the following measures from a medium- to long-term perspective, without being too upset even if monetary policy actually changes.

 

(1) Do not sell stocks.(the best  inflation hedge)

(2)  Hold growth stocks and the financial stocks rather than a defensive stock,

(3) Do not hold long-term bonds

(4) Do not hold too much cash. Hold short-term bonds.